防弾少年団、アメリカの授賞式「Teen Choice Awards」で4冠を達成…今年の最多受賞アーティストに!

OSEN |

写真=Big Hitエンターテインメント
防弾少年団がアメリカの有名授賞式である「Teen Choice Awards」にて3年連続で受賞する栄光に輝いた。

防弾少年団は11日(現地時刻)、アメリカ・ロサンゼルスで行われた「Teen Choice Awards 2019」で、「Choice Collaboration」「Choice Summer Tour」 「Choice International Artist」「Choice Fandom(ファンダム:特定のファンの集まり)」の4部門を受賞した。

これは今年ノミネートされたミュージシャンの中で最多の受賞記録である。「Choice International Artist」部門は2017年から3年連続で受賞、「Choice Fandom」部門はファンクラブARMYと共に昨年に続き、2年連続で受賞する喜びを味わった。

また、今年新たに受賞した「Choice Summer Tour」部門で防弾少年団は5月から行われている「LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF」ワールドツアーでアリアナ・グランデ、ビリー・アイリッシュ、ショーン・メンデスまどを押さえ、受賞した。

「Choice Collaboration」部門でも、ホールジー(Halsey)がフィーチャリングに参加した「Boy With Luv」で、ビリー・レイ・サイラスがフィーチャリングした Lil Nas Xの「Old Town Road」とエド・シーランとジャスティン・ビーバーが歌った「I Don't Care」などの候補の中から見事受賞に輝いた。

今年で21回目を迎えた「Teen Choice Awards」はアメリカの放送局FOXが主管する授賞式で満13歳以上の青少年が投票に参加し、その結果に従って音楽、映画、放送、スポーツなど各分野の受賞者が決定される。

記者 : カン・ソジョン