“16歳のグローバル少女”RUANN、デジタルシングル「BEEP BEEP(Prod. B.E.P)」MVを公開

KSTYLE |

グローバル少女RUANNの日韓同時リリース、そして韓国メジャーデビュー楽曲となるDIGITAL SINGLE 「BEEP BEEP」が2019年7月31日(水)に発売された。

今回のDIGITAL SINGLE「BEEP BEEP」は、16歳の少女の内気な片思いの告白を「BEEP BEEP」と言うシークレットサウンドで表現し、女心を繊細に歌い上げた歌詞になっている。

また韓国語の歌詞を聞き、歌詞の内容を理解した上でRUANN本人が日本語ver.の歌詞を制作すると言うシンガーソングライターとしての才能も含め、今回の楽曲制作にも精力的に参加している。

併せて「BEEP BEEP」のミュージックビデオが日韓同時公開され、今までのイメージからは一変し、歌って踊る新しいRUANNを感じてもらえるミュージックビデオとなっており、「BEEP BEEP」のダンスパフォーマンスの振付を行ったLIA KIMは、韓国のトップアーティストの振付を手掛け、TWICE 「TT」の振付師としても有名だ。

RUANNのダンスを見たLIA KIMは「ダンス自体がパワフルで情熱が感じられる」と称賛しており、ダンスパフォーマンスも必見のミュージックビデオとなっている。

「BEEP BEEP Japanese ver.」のミュージックビデオは、RUANN Official Channelにて公開中である。幼い頃からマルチな才能で、日本のみならず世界中で注目される16歳の少女RUANNから今後も目が離せない。



■リリース情報
DIGITAL SINGLE 「BEEP BEEP Japanese ver.」(Prod. B.E.P)
2019年7月31日(水) 日韓同時リリース
各配信サイトにて配信中

■関連サイト
Official Site:https://ruann.jp/

記者 : Kstyle編集部