チャ・スンウォン主演、映画「がんばって、ミスター・リー」スチールカットを公開…鍛え上げられた体に注目

MYDAILY |

写真=NEW
チャ・スンウォンと「LUCK-KEY / ラッキー」のイ・ゲビョク監督のコンビで話題を集めている映画「がんばって、ミスター・リー」が、予測不可能な笑いを与えるチャ・スンウォンのどんでん返しのスチールカットを公開した。

今年の秋夕(チュソク:日本のお盆に当たる韓国の祭日)、韓国で公開される唯一のコメディ映画「がんばって、ミスター・リー」が、1400万人の観客を笑わせた元祖コメディ代表俳優チャ・スンウォンが演じる“ミステリー”なキャラクターチョルスのスチールカットを公開した。映画「がんばって、ミスター・リー」は、子供のような父親チョルス(チャ・スンウォン)と大人しい娘セッピョル(オム・チェヨン)の大混乱コメディ映画だ。

公開されたスチールカットは、元祖コメディ俳優チャ・スンウォンのどんでん返しな姿で注目を集める。特に重いダンベルを持って引き締まった二頭膊筋を披露する姿とは異なり、子供とソーセージをかけてゲームをする姿が絶妙に対比され、笑いを誘う。

また小麦粉生地の前でカリスマ性溢れる顔で手打ち職人の姿を披露した彼が、野球帽子をかけてバットを持ち呆然とした表情をしている姿は、チョルスが見せるどんでん返しのコメディを期待させる。一方、今回公開されたスチールカットは完璧なビジュアルとは異なり、子供のような純粋さを見せるチョルスの前に、突然娘が登場することから繰り広げられる予測不可能なストーリーに対する好奇心を刺激する。

“元祖コメディ俳優”チャ・スンウォンと700万もの観客を動員した「LUCK-KEY / ラッキー」を通じて“新興コメディ監督”として浮上したイ・ゲビョク監督のコンビで話題を集めている映画「がんばって、ミスター・リー」は2019年秋夕、韓国で公開される唯一のコメディ映画として興行に成功するのか関心を集めている。

「がんばって、ミスター・リー」は韓国で秋夕に公開される予定だ。

記者 : シン・ソウォン