チョン・ユミ、ドラマ「検法男女2」放送終了の感想を伝える“幸せな思い出、大切な人たち”

OSEN |

写真=チョン・ユミSNS
女優のチョン・ユミが「検法男女2」放送終了の感想を語った。

本日(30日)、チョン・ユミは自身のSNSに「良い時間、幸せな思い出、大切な人たち、ありがとうございました #検法男女2」という書き込みとともに、数枚の写真を掲載した。公開された写真には、MBC月火ドラマ「検法男女2」の制作陣と出演者の姿が写っている。

全出演者や制作陣が集まって撮った集合写真から、花束や台本を持っているチョン・ユミの写真。彼女がチョン・ジェヨン、パク・ジュンギュなどの先輩俳優とともにお茶目なポーズをとっている写真など、注目を集める。

「検法男女2」は、刺々しい解剖医ペク・ボム(チョン・ジェヨン)と熱血新米検事ウン・ソル(チョン・ユミ)、ベテラン検事ト・ジハン(オ・マンソク)の帰ってきたリアル協力捜査物語だ。昨年、韓国で終了した「ジャスティス -検法男女-」のシーズン2で、犯罪は進化したが捜査機関の共助も進歩したことを告げるエンディングに、29日放送された32話(最終話)を最後に終了した。すでに視聴者の間ではシーズン3に対する期待も高まっている。

チョン・ユミは「検法男女2」終了後、次作を検討している。

記者 : ヨン・フィソン