DAY6「“K-POPを代表するバンド”という表現…身に余る言葉」

MYDAILY |

写真=JYPエンターテインメント
DAY6はJYPエンターテインメントからデビューした初のバンドとして顔を知らせた。アイドルバンドという先入観を破って、自身たちの音楽で活動し“信じて聞くDAY6”として位置を固めた。

DAY6は7ヶ月ぶりに5thミニアルバム「The Book of Us : Gravity」をリリースした。「You Were Beautiful」「Letting Go」などDAY6の数々の名曲の後を継いで新曲「1ページになれるように」で、もう一度跳躍を狙った。

「今回は夏に似合う清涼なサウンド、クールなサウンドをタイトル曲に決めました。今回のアルバムが連作の始まりになる可能性もあって、いろんな可能性があります。どんな感じになるのか分からない状況です」(ソンジン)

「アルバム作業をする時、すべての曲をタイトル曲だと思って作業します。事務所のモニターを通じて『1ページになれるように』が選ばれました。以前のプロジェクトが青春について語ったとしたら、今回は人との関係について話したかったんです」(Young K)

DAY6は7ヶ月間の空白期も忙しかった。昨年6月から今年3月まで海外ツアーを通じて世界中のファンたちに会い、着実にアルバム作業も行ってきた。

「7ヶ月という時間がファンのみなさんにとっては、長く感じられたかもしれません。7ヶ月間、フェスティバルや公演を開催しました。3月には単独公演も開催したんです。また空白期にはニューアルバムを準備しました。最近は曲作業に集中しました。曲作業をする過程で、欲深くなりました」(ウォンピル)

「僕たちにとって公演は、とても意味深いです。公演で受けて、また与えるエネルギーが大きく感じられます。観客のみなさんと一緒にする公演をしたら、曲のインスピレーションを受けたりします。公演の中でたくさん成長しました」

いつの間にかDAY6は、K-POPを代表するバンドとして成長した。多くの目覚ましい成果とファンたちの応援の中でDAY6は、成長し続けている。

「K-POPの代表バンドという表現は、まだ身に余るお言葉です。それほどではないです(笑)。“信じて聞くDAY6”という修飾語が大好きだけど、それに応えられるように一生懸命に努力しています」(ソンジン)

「僕たちは様々な瞬間について歌いたいです。まだ音楽の中で描くことができなかった瞬間が多いけれど、これからはすべての瞬間を歌うバンドという修飾語を得たいです。どんな瞬間であり、一回ぐらいはDAY6の歌を思い出す、そのようなバンドになりたいです」(Young K)

記者 : ミョン・ヒスク