ソン・ガンホ、映画「わが国の語音」で共演のチョン・ミソンさんを哀悼“本当に残念で悲しい…”

OSEN |


俳優ソン・ガンホが故チョン・ミソンさんを哀悼した。

15日午後、ソウル市江南(カンナム)区MEGABOX COEX店で行われた映画「わが国の語音」(監督:チョ・チョルヒョン、提供配給:MEGABOX中央(株)PLUS M、制作:映画会社ドゥドゥン)のマスコミ向け試写会でソン・ガンホは「本当に残念で悲しい過程があった。監督、スタッフ、俳優たちが悲しみの中で時間を過ごしている」と明かし、亡くなったチョン・ミソンさんに言及した。

続いて彼は「(劇中)で薦度祭(チョンドジェ:死者の魂をなぐさめ、霊界に引導するための儀式) を撮影する時が、あいにくも私の父親が亡くなった日だった。意図したわけではないが、この映画の悲しい運命みたいに思った。悲しい映画ではなく、その悲しみを乗り越えて、美しい映画になるんじゃないかと思う」と話した。

映画「わが国の語音」は、民のために自分のすべてをかけて訓民正音(フンミンジョンウム:ハングルのこと)を作った世宗(セジョン)大王と、不屈の信念で彼と共にしたが歴史に記録されなかった人々のストーリーを描いた作品だ。

この日開かれたマスコミ向け試写会と記者懇談会には、主演俳優ソン・ガンホとパク・ヘイル、演出を務めたチョ・チョルヨン監督が参加した。映画に出演したが、先月亡くなった故チョン・ミソンさんに対する哀悼が相次いだ。

映画「わが国の語音」は韓国で7月24日公開される。

記者 : キム・ボラ