ソン・ヘギョ、ドラマ「ハイエナ」出演ならず…事務所がコメント“離婚報道とは関係ない”

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
ソン・ヘギョがソン・ジュンギとの離婚調停とは関係なく、すでにKBS 2TVの編成を検討しているドラマ「ハイエナ」への出演を断った。

ソン・ヘギョの所属事務所の関係者は27日午前、マイデイリーとの電話取材で「ソン・ヘギョは『ハイエナ』への出演を確定したことはない。離婚とは全く関係がない」と強調した。つまりソン・ヘギョ側はすでに出演を断ったが、離婚報道によって誤解を受けていると説明したのだ。

これに先立ってあるメディアは、ソン・ヘギョが「ハイエナ」への出演を確定したが、今週初めに制作陣に出演することができないと伝えたと報じた。同メディアは「具体的な理由は話さなかったが、離婚の発表を控えた心理的な圧迫」と解釈した。しかし、これは事実ではないことが明らかになった。

「ハイエナ」は、上位1%のハイクラスを代理する弁護士たちの熾烈な生存記を描くドラマだ。弁護士が職業である人物たちが主人公だが、法廷ドラマではなく、男女主人公を巡る人間群像が繰り広げる激しい生存ゲームを描く。男女主人公としてチュ・ジフンとソン・ヘギョが浮上したが、ソン・ヘギョは出演しないことが分かった。

ソン・ヘギョとソン・ジュンギは、結婚して約1年8ヶ月で離婚へと手続きを行っている。ソン・ジュンギの法律代理人法務法人(有)クァンジャンのパク・ジェヒョン弁護士は27日午前、報道資料を通じて「法務法人(有)クァンジャンはソン・ジュンギの代理人として6月26日、ソウル家庭裁判所に離婚調停申請書を提出した」と伝え、ソン・ジュンギの所属事務所であるBLOSSOMエンターテインメントは「俳優の個人的なことであるだけに、離婚に関する無分別な推測と虚偽事実の流布は自粛をお願い致します。良いお知らせができず、再び申し訳ない気持ちをお伝えします」とした。

ソン・ヘギョの所属事務所であるUAAコリアも「現在、弊社の女優ソン・ヘギョは、夫と慎重に悩んだ末に離婚の手続きを行っています。理由は性格の違いで、両者がお互いの相違を克服できず、やむを得ずこのような決断を下しました。心配をおかけして申し訳ありません。今後、より良い姿で挨拶できるように努力します」と伝えた。

記者 : イ・イェウン