パク・ソジュン&アン・ソンギ&ウ・ドファン主演映画「使者」緊張感溢れるスチール写真公開…期待高まる

Newsen |

写真=「使者」スチール写真
パク・ソジュン、アン・ソンギ、ウ・ドファン主演映画「使者」の緊張感溢れるスチール写真が公開された。

7月31日に公開される映画「使者」は、格闘技チャンピオンのヨンフ(パク・ソジュン)がエクソシストのアン神父(アン・ソンギ)に出会い、世の中を混沌とさせる強力な悪に立ち向かうストーリーを描いた映画だ。

強力な悪をめぐる3人ヨンフ、アン神父、ジシンの強烈な存在感で注目を集める。まず、悪と向き合った格闘技チャンピオンのヨンフのスチールは、自身の傷ついた手に宿る秘密を解くために、アン神父を訪れ、手に関わる特別な力が好奇心をくすぐる。

アン神父に会って、世の中に潜む悪の存在を知り、それに立ち向かうヨンフのカリスマ溢れる姿は、ファンタジー的な見どころが加えられた迫力あふれるアクションを予告して期待を高める。特に、無愛想で強い外観の裏に深い傷を持っているヨンフ役を演じたパク・ソジュンは、より一層成熟した演技力でキャラクターを表現し、高難度アクション演技までこなして、新しい魅力を予告した。

続いてバチカンから来たエクソシストのアン神父のスチールは、どっしりとした存在感で視線を集める。強い信念に基づいて、命をかけて悪を追うアン神父役を演じたアン・ソンギは、ラテン語からアクション演技まで、絶えない挑戦で柔らかいカリスマ性を持つキャラクターを完成して、期待を集めている。

また、ヨンフとアン神父が一緒に悪に立ち向かう姿を収めたスチールは、彼らが披露する完璧な演技呼吸と特別な活躍を期待させる。

一方、世の中に悪を広める黒い主教ジシンのスチールは、ミステリアスな雰囲気で目を引く。相手の弱点を見抜いて利用する優れた才能を持つジシン役を演じたウ・ドファンは、繊細な演技でキャラクターをこなし、張り詰めた緊張感を醸し出すのはもちろん、ジシンを追うヨンフ、アン神父と息が詰まるような対決を通じて、ドラマチックな没入感を与える予定だ。

韓国で7月31日に公開される。


記者 : ペ・ヒョジュ