ジェジュン、バナナマン日村とサプライズ共演!日本ツアー最終公演でカバーアルバムの発売も発表

Newsen |

写真=C-JeSエンターテインメント
ジェジュンが横浜アリーナでツアーを盛況裏に終えた。

4月10日、名古屋・ドルフィンズアリーナで華やかな幕を開け、本格的なツアーのスタートを告げたジェジュンの「JAEJOONG 2019 ARENA TOUR~Flawless Love~」ツアーが6月19日、横浜アリーナでファイナル公演を開催した。ジェジュンは、アリーナツアー開始から日本の各都市を訪れ、圧倒的なパフォーマンスと素晴らしい歌唱力が合わさった公演で現地ファンの熱狂的な反響を得て、観客に最高のステージを披露した。

オリコン週間アルバムランキングとタワーレコード全店総合アルバム週間チャート、ビルボード・ジャパン1位、世界32ヶ国のiTunesチャート1位を達成したジェジュンの1stソロアルバム「Flawless Love」のタイトルを掲げた今回のアリーナツアーは、昨年盛況裏に終えたホールライブツアー「JAEJOONG Hall Live Tour 2018~SECRET ROAD~」に続き、日本活動を始めてから初めて開催されるアリーナツアーで、日本現地だけではなく、韓国のファンからも関心を集めた。

写真=C-JeSエンターテインメント
これに先立って15日、ジェジュンのフルアルバムの収録曲「アイノカゲ」を制作した作曲家ツキダタダシは、ジェジュンの神戸公演を観覧した後、「神戸ワールド記念ホールで、アルバムに楽曲提供させていただいたジェジュンさんのライブ拝見して参りました。歌とダンスはキレキレでカッコ良くMCはお茶目なジェジュンさんサイコーでした!」とSNSを通じて率直な感想を残して彼を絶賛した。

写真=C-JeSエンターテインメント
最後の公演であるだけに、横浜公演でジェジュンはこれまで以上に熱いエネルギーと情熱で最高のステージを披露した。「Sweetest Love」「Just Another Girl 」「君だけになる前に」「DADADANCIN」など、バラードからロック、ダンスなど様々なジャンルを完璧なライブで披露し、流暢な日本語で冗談を言ったりと 、観客に華やかなパフォーマンスと見どころ満載のステージでファンを完璧に魅了した。またこの日、バナナマンの日村勇紀がサプライズ登場し、共にダンスパフォーマンスを披露する場面もあり注目を集めた。

写真=C-JeSエンターテインメント
また、ジェジュン公演のトレードマークであるファンと一緒に歌う「守ってあげる」が日本公演でも続き、視線を集めた。「守ってあげる」は、ファンの歌声が加わり、美しいハーモニーで感動を作り、会場の雰囲気を熱く盛り上げた。

約2ヶ月間に渡る日本アリーナツアーを終えたジェジュンは、「良い音楽を披露して、良い公演を披露するために一生懸命に突っ走ってきた今回のツアーがこのように幕を下ろすことになって寂しい。全国8都市をまわりながら、たくさんのファンの方々と出会って交流して、一緒に泣いて笑った感動の時間を一緒に分かち合うことができて本当に感謝している」と観客への心の込もった挨拶と共に、9月18日に日本で発売されるカバーアルバム発売のニュースも伝えた。

写真=C-JeSエンターテインメント
このようにジェジュンは熱い反響を得て、4月10日の名古屋公演から昨日の横浜公演まで、初のソロアリーナツアーの長旅を盛況裏に終えた。ソロアルバム発売とアリーナツアーの成功はもちろん、バラエティと音楽番組から熱いラブコールを受けて、日本で存在感を高めているジェジュンは、圧倒的な人気を証明し、日本で愛されるアーティストとして成長している。日本で精力的に活動しているジェジュンのこれからの活躍に注目される。

ジェジュンは、日本で4月から追加公演を含めて、2ヶ月間で合計8都市16回に渡るアリーナツアーを盛況裏に終えた。

写真=C-JeSエンターテインメント

記者 : パク・スイン