ソ・ジソブ、デビューから24年で初の公開恋愛…2人の最初の出会いに注目

TVREPORT |

写真=TVレポート DB、チョ・ウンジョン SNS
俳優ソ・ジソブと元アナウンサーのチョ・ウンジョンさんが17歳の年の差を克服し、熱愛中だ。

17日、ソ・ジソブの所属事務所51KはTVレポートに「チョ・ウンジョンと交際していることは事実だ」と熱愛を認めた。

また、報道資料を通じて「2人は約1年前、番組を通じて出会い、知人との集まりで親交を深めた。その後、互いに好感を持って恋人関係に発展、交際を続けてきていると伝えてきた」と説明した。しかし「相手が現在は芸能活動をしていない一般人であるため、慎重になっている部分がある」と伝えた。

写真=SBS「本格芸能真夜中」放送画面キャプチャー
ソ・ジソブと元アナウンサーのチョ・ウンジョンさんはSBS「本格芸能真夜中」で出会った。映画「今、会いにゆきます」広報のためにソ・ジソブはインタビューを受け、チョ・ウンジョンさんがインタビュアーを務めたのだ。当時、2人は和気あいあいとした姿を見せていた。その後、ソ・ジソブとチョ・ウンジョンさんはプライベートな集まりを通じて再会したという。

この日DisPatchが公開したデート写真を見ると、ソ・ジソブはチョ・ウンジョンさんを優しく気遣っている様子だ。特にソ・ジソブは韓流スターであるにも関わらず、チョ・ウンジョンさんとの交際を隠さず、公開デートを楽しんでいた。

特に1995年、芸能界デビューしたソ・ジソブは24年ぶりに初めて熱愛を公開し、話題を集めた。そんな彼にたくさんの祝福と応援が相次いでいる。

写真=SBS「本格芸能真夜中」放送画面キャプチャー
1977年生まれのソ・ジソブは1995年、モデルとして芸能界にデビューした後、俳優に転向した。MBCシットコム「男女6人恋物語」で大きく愛され、ドラマ「美味しいプロポーズ」「ガラスの靴」「千年の愛」「バリでの出来事」「ごめん、愛してる」「ファントム」「主君の太陽」「オー・マイ・ビーナス」、映画「軍艦島」「今、会いにゆきます」などに出演し、韓国を代表する俳優となった。

チョ・ウンジョンさんは、1994年生まれで梨花(イファ)女子大学で韓国舞踊学科を専攻した。2014年、ゲーム専門チャンネルOGNを通じてアナウンサーデビューし、2016年の年末から昨年6月末まで、SBS「本格芸能真夜中」でレポーターとして活動した。

記者 : ソン・ヒョジョン