NCT 127 マーク&ジョンウ&ヘチャン、新曲「SUPERHUMAN」予告イメージ公開…強烈なビジュアル

OSEN |

写真=SMエンターテインメント
NCT 127がマーク、ジョンウ、ヘチャンの予告イメージを公開した。

NCT 127は16日、各SNSの公式アカウントを通じて、ユニークで強烈なビジュアルが際立つマーク、ジョンウ、ヘチャンの予告イメージを公開して注目を集め、カムバックに対する期待を高めている。

24日午後6時、MelOn、FLO、genie、iTunes、Apple Music、Spotify、QQミュージック、Kugou(酷狗)Music、Kuwo(酷我)Musicなど各音楽配信サイトを通じて、NCT 127の4thミニアルバム「NCT#127 WE ARE SUPERHUMAN」は、タイトル曲「Superhuman」をはじめとする全6曲で構成され、NCT 127の豊富な音楽カラーを垣間見ることができる。

特に今回のアルバムに収録された新曲「Jet Lag」は、叙情的なピアノ旋律とソウルフルなメロディーが合わさったアーバンR&Bポップ曲で、メンバーのマークがラップメイキングに参加した歌詞には、メンバーたちとファンの間の感情を「Long Distance」に例えて表現し、曲の叙情的な雰囲気を最大限に引き上げており、世界的なプロデューシングチームSocial Houseと有名作曲家Wilbart “Vedo" McCoy III)がコラボして完成度を高めた。

タイトル曲「SUPERHUMAN」は、様々なEDMの要素が加えられたコンプレックストロ(Complextro)ダンス曲だ。「個人の潜在力に気づいて、ポジティブパワーで夢を実現しようと思ったら誰でも“スーパーヒューマン”になれる」というメッセージを、メンバーたちのパワフルでエネルギーあふれるボーカルとラップで表現し、曲の魅力を倍増させる。

また、NCT 127は5月15日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスのドジャースタジアムで開かれた2019メジャーリーグLAドジャース対サンディエゴ・パドレス戦で、LAドジャースの勝利を祈願する始球者として参加して、「グローバル・ポップセンセーションを巻き起こしているNCT 127が始球式に参加するために来た」という紹介でマウンドに上がり、LAドジャースとインタビューを行った。「ドジャースタジアムで始球をすることができて光栄だ」というコメントと共にニューアルバムの紹介など様々な話をし、テヨン、ユウタ、ジェヒョン、マークが始球式に参加し、観客の熱い反響を得た。

NCT 127の4thミニアルバム「NCT#127 WE ARE SUPERHUMAN」は、27日アルバムでも発売される。

記者 : ソン・ミギョン