イ・ドンウク、新ドラマ「他人は地獄だ」への出演が確定…イム・シワンとの共演に期待

Newsen |

写真=キングコング by STARSHIP
イ・ドンウクが「他人は地獄だ」に出演する。

OCNのドラマチックシネマ第2弾「他人は地獄だ」(脚本:チョン・イド、演出:イ・チャンヒ、制作:映画会社ウサン、共同制作:スタジオN、全10部作)は、ソウルで慣れない考試院(コシウォン、受験生が住むことを想定した一部屋が約2畳前後の住宅施設)生活を始めた青年が、思いがけず他人が作った“地獄”に出くわすスリラードラマだ。イ・ドンウクは、考試院近くにある歯医者を運営する歯科医ソ・ムンジョ役を務める。芸術的な感性をもとに、慣れないソウル生活をするジョンウ(イム・シワン)の後援者になる。

「トッケビ」「ライフ」「真心が届く」など多数の作品で、自身だけの演技を構築してきたイ・ドンウクに、OCNのジャンル物は初挑戦であり、彼がどんな演技を披露するのか、どんなイメージチェンジを図るか、好奇心と期待が同時にくすぐられる。「他人は地獄だ」の制作陣は「“イケメン”を代表するルックスはもちろん、どんな役も繊細に表現するイ・ドンウクは、歯科医ソ・ムンジョ役はぴったりだ。イ・ドンウクがジャンル物に会って、前作とは異なる魅力を披露するものとみられるため、制作陣も期待が高い」と伝えた。

軍除隊後に復帰したイム・シワンに続き、OCNドラマに初出演を果たすイ・ドンウクまで、キャスティングだけでも期待を高める「他人は地獄だ」は、今年の初めに完結した同名のNAVERウェブ漫画が原作だ。この作品は、連載序盤から衝撃的なストーリー展開で連日話題を生み、完結日基準で累計閲覧回数8億回、日曜ウェプ漫画39週連続1位という驚異的な記録を打ち立てた。

何よりも「他人は地獄だ」は、OCNのドラマチックシネマプロジェクトの第2弾となる作品で、一層注目が集まる。ジャンル物の名家OCNが、映画とドラマのフォーマットを合わせて映画制作陣が大勢タッグを組み、映画の練り込まれた演出と密度の高いストーリーを通じて、名作ジャンル物を制作するために2019年に始めたプロジェクト“ドラマティックシネマ”(Dramatic Cinema)だ。今年2月、第1弾作品として放送された「トラップ」が、映画よりも映画らしい差別化されたジャンル物として好評を得て、このプロジェクト成功の足場を築いた。

今回「他人は地獄だ」もドラマチックシネマで企画され、型破りなストーリーに緊張感あふれる映像が加えられ、高い完成度を期待させる。「トラップ」に続き、今回も映画監督が演出を務める。イ・チャンヒ監督は、「第10回ミジャンセン短編映画祭」で映画「巣窟」で最優秀作品賞を受賞し、昨年公開された映画「死体が消えた夜」で評論家と観客から好評を得た。「君を守りたい~SAVE ME~」を通じて、ウェプ漫画原作を緊張感あふれるドラマに再誕生させて注目を集めたチョン・イド脚本家が執筆を務める。

今年下半期、韓国OCNで放送される。

記者 : ペ・ヒョジュ