ITZY「違う違う」が2月にK-POPファンが最も多くカバーした曲1位を獲得!グローバル人気を証明

OSEN |

写真=JYPエンターテインメント
ITZYがグローバルファンたちの熱い声援を受けている。

最近、グローバルK-POPビデオコミュニティアプリ「amazer」によると、JYPエンターテイメントの新人ガールズグループITZYのデビュー曲「違う違う」が2月、グローバルで最も多くカバーされたK-POP曲に選ばれた。

ITZYは怪物新人というタイトルにふさわしく、アメリカをはじめ、北米を中心にヨーロッパやアジア各国で高いカバー率を記録して1位を獲得した。

CLCの「No」は、パワフルな群舞と歌詞に合わせたダンスで2位を獲得した。「No」は(G)I-DLEのソヨンが作詞・作曲に参加した楽曲で、1つのカラーで自身を表現することはできないという内容の歌詞だ。クールでパワフルなダンスで、タイ、ベトナムをはじめとする東南アジアを中心に高いカバー率を記録した。

写真=「amazer」
3位はI.O.I出身キム・チョンハの「もう12時」で、1月に続き2月にもチャートインを記録し、歌詞に合わせた中毒性の強いダンスで人気を保っている。

宇宙少女の「La La Love」は4位を記録した。宇宙少女はポイント振付「ペコム(陰からこそっと見るような動作)ダンス」が1月に続き、個人や団体の両方に高いカバー率を記録し、2ヶ月連続でチャートインを記録した。

5位はSEVENTEENの「Home」だった。特にオーストラリアと米国のK-POPダンスチームで高いカバー率を記録した。

記者 : キム・ウネ