ナム・ジュヒョク「第10回今年の映画賞」で新人俳優賞を受賞…“成長する俳優になりたい”

10asia |

写真=YG ENTERTAINMENT
ナム・ジュヒョクが韓国映画記者協会が選定した最高の新人に選ばれ、俳優としての地位を固めた。

ナム・ジュヒョクは30日午後、ソウル韓国プレスセンターで開かれた「第10回今年の映画賞」の授賞式で、映画「安市城」で新人俳優賞を受賞した。これに先立ち、「アジアスターアワード」「ザ・ソウルアワード」「映画評論家協会賞」「青龍映画賞」で新人賞を席巻した。

ナム・ジュヒョクは「安市城」で感情の変化を経験し成長する人物を演じて深い印象を残した。次世代若者スターとしての真価を発揮したという評価が多かった。

ナム・ジュヒョクは受賞後「記者たちが与える賞なので、また違う意味でプレッシャーがある」と話し、「これからも一生懸命努力して成長する俳優になりたい」と感想を述べた。

ナム・ジュヒョクは2月11日に初放送されるJTBC月火ドラマ「眩しくて」で視聴者と会う。

記者 : キム・ジウォン、翻訳 : 浅野わかな