放送終了「死んでもいい」カン・ジファン&ペク・ジニ、2人の恋の行方は?

MYDAILY |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=KBS 2TV水木ドラマ「死んでもいい」放送画面キャプチャー
「死んでもいい」がハッピーエンドで放送終了となった。

27日に韓国ではKBS 2TV水木ドラマ「死んでもいい」(脚本:イム・ソラ、演出:イ・ウンジン、チェ・ユンソク)の最終回が放送された。

この日、カン・インファン(イン・ギョジン)はMWチキンの労働組合の設立を防ごうとした。しかし、自身が思った通りにならなかった。自身の味方だと思っていたユ・シベク(パク・ソルミ)がペク・ジンサン(カン・ジファン)と同じチームであり、MWフードの会長カン・スチャン(キム・ギヒョン)まで合流した。

労働組合の総会に乱入したカン・インファン、このような彼にチェ・ミンジュ(リュ・ヒョンギョン)は「社長が勘違いしていらっしゃるみたいですが、社長がいなくても会社はあります。しかし、私たちがいないと会社はありません」と話し、社員たちと一緒に声を出した。

その時カン・スチャン会長が登場した。社員たちに頭を下げたカン・スチャン会長は「今、この場で約束します。MWチキンの労働組合は設立されました。MWフードのガイドラインをベースに会社は労働組合と真面目に協力していきます」と話した。カン・インファンは警察に逮捕され、ユ・シベクはMWチキンの社長、ペク・ジンサンはMWチキンの本部長になった。

ペク・ジンサンはイ・ルダ(ペク・ジニ)の家を見て「もうこれ以上何も望まない。イ代理の幸せは僕ではないから」と独り言を話した。彼は過去のことのようにイ・ルダとカン・ジュノ(5urprise コンミョン)が両思いの関係だと誤解した。カン・ジュノが気が利かなく、イ・ルダと結んであげようとした。

ペク・ジンサンがイ・ルダとカン・ジュノが恋人関係だと誤解し続けると、イ・ルダは「変わったんです」と明かした。続いて「その時、本部長が危ないという話を聞いて屋上に走っていく前に、カン・ジュノチーム長と一緒にいました。しかし本部長を助けに行きました。私がなぜそのようにしたと思いますか? 私がカン・ジュノチーム長に何と言ってから走って行ったでしょうか」と話した。

このような二人を結んでくれた人がカン・ジュノだった。酔っ払ったイ・ルダのためにペク・ジンサンを呼んだのだ。イ・ルダは「チーム長は私がいないとダメでしょう? 私もチーム長がいないといけないし。ですよね? それなのに知らないふりをしてる」と話してから、酔っ払って気を失った。

翌日、イ・ルダが目覚めた場所はペク・ジンサンの家だった。気を使って朝食を準備したペク・ジンサンは「僕たち、昨日から1日でしたよね」と話した。その後、イ・ルダは「本部長、昨日私が変な行動をしなかったですか?」と聞き、ペク・ジンサンは自身が変なことをしたと話し「屋台まで走って行って大騒ぎし、僕がイ代理が好きだと、ぜひ付き合ってほしいと頼んだじゃないか。それでやむを得ずイ代理が僕を受け入れてくれたんだ」と嘘をついた。

イ・ルダが「私が恥ずかしがるかと思って嘘をつくなら」と話すと、ペク・ジンサンは「嘘でも構わない。僕の方がイ代理のことをもっと好きになっているから」と話した。これと共に「ありがとう。僕はイ代理にとって良い人になりたいと思った時から、良い人はどんな人だろうと悩んだ。僕は利己的な人だから少なくとも僕が好きな人が僕のせいで辛くなったりがっかりしたりせず、僕を必要とし、僕によって幸せになり、僕のことをたくさん愛してくれたら嬉しい。そのような僕のための心が広がって、結局人を配慮するようになるだろうと結論を出した。もうイ代理だけではなく、他の人々にも良い人になるよう頑張る」と告白した。

ペク・ジンサンはまた仕事モードに戻った。このようなペク・ジンサンのブレーキになる人物がイ・ルダ。ペク・ジンサンが人々にとってより良い人になるようにアドバイスした。ペク・ジンサンは不満を言ったが、これを受け入れるコミカルな姿で最後まで愉快さを与えた。

一方カン・ジュノの家も幸せになった。カン・ジュノの父親(チェ・ドクムン)が帰ってきて、家族たちとカン・インファンの関係も良くなった。

記者 : キム・ミリ