カン・ジファン、ペク・ジニと5urprise コンミョンに嫉妬

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
カン・ジファンがペク・ジニと5urprise コンミョンの関係に嫉妬した。

29日韓国で放送されたKBS 2TV水木ドラマ「死んでもいい」で、ペク・ジンサン(カン・ジファン)がユ・シベク(パク・ソルミ)から店を守った。

ペク・ジンサンは「そこまで僕を首にしたかったら、きちんとした方法を持ってきなさい」と怒鳴った。

シペクは「何を言っているんですか? 社員を首にしたいなんて。世の中にそんな会社はありませんよ」と白を切った。

また、シベクは「今日はこのまま帰るけど、何か問題でもある日には覚悟したほうがいいですよ」と言いながら帰った。

カン・インファン(イン・ギョジン)はこのことを聞いて腹が立った。シベクに「言うだけじゃなく、しっかりしなさい」と圧迫した。

イ・ルダ(ペク・ジニ)が店のスタッフたちの団結のために会食を提案した。会食の場所はペク・ジンサンの家だった。ジンサンは「イさんは僕のためにここまでしてくれるのに、僕も協力しなきゃ」とし、会食の場に合流した。

しかし、ルダがゲーム中に酔っ払って、カン・ジュノ(コンミョン)にキスしようとした。2人を見て嫉妬したジンサンは「みんな出てけ!!」と怒鳴った。ジンサンは酔っ払って帰るルダがずっと気になる様子だった。

記者 : チョ・ギョンイ