5urprise コンミョン、映画「妓房の郎子」に出演決定…2PM ジュノと共演

OSEN |

写真=ファンタジオ
俳優コンミョンが、映画「妓房の郎子」のユサン役に抜擢された。

映画「妓房の郎子」は、男尊女卑の思想で女性たちが抑圧されていた時代、朝鮮初の男子妓生(キーセン)になって女性たちの乙女心を掴んだキュートな男性ホ・セク(ジュノ)と時代を先駆けていた進歩的な思考を持つ花のように美しい女性ヘウォン(チョン・ソミン)が本当の愛を見つけていく時代劇映画だ。

コンミョンが演じるユサンは、名門の息子で財力のみならず、優れたビジュアルで注目を集める人物だ。へウォンに一途な思いを寄せる純情派で、ヘウォンをめぐりホ・セクと譲歩できない三角関係を作り、ドラマに面白さと緊張感を与える人物だ。

現在韓国で放送中のKBS 2TV「死んでもいい」で4次元(個性が強く、ユニークな考え方を持つ)の魅力を持ったカン・ジュノ役を演じているコンミョンは、2019年1月23日に韓国で公開される映画「極限職業」で実戦経験ゼロ、情熱だけを持った麻薬班の末っ子刑事ジェフンを熱演し、注目を浴びている。そしてさらに映画「妓房の郎子」への出演を決定し、精力的な活動を予告し、関心が集まっている。

コンミョンが出演を決定した斬新な時代劇「妓房の郎子」は、12月にクランクインする予定だ。

記者 : パク・ソヨン