K-POPに新たな風?防弾少年団の弟からTWICEの妹グループまで…来年のデビュー予告に関心集中

OSEN |

写真=OSEN DB

2019年新年を控えて多くの音楽事務所は、早くも来年の計画を立てて休まず走っていく準備を終えた。所属アーティストが多様かつ均等に活動する基盤を築いた多数の音楽事務所は、2018年より成長した2019年を夢見る。

2019年を控えて韓国の音楽事務所8社の来年のプランを公開する。各事務所が報告したプランであるだけに、事務所特有の声を聞くことができる良い機会になるはずだ。ただし、あくまでプランであるだけに、それぞれの事務所が来年1年間どのようなニュースを届けるか期待が高まる。

◆YG ENTERTAINMENT◆
BIGBANGの除隊、「YG宝石箱」から新人ボーイズグループデビュー

写真=YG ENTERTAINMENT
YG ENTERTAINMENT所属のアーティストたちは来年も国内外で積極的に活動する。

BLACKPINKは1月からアジアの主要都市から大陸を巡回する。ユニバーサルミュージックグループ(Universal Music Group, UMG)の代表的なレーベルであるインタースコープ・レコードとタッグを組んだだけに、アメリカで本格的な活動を控えている。

WINNERも1月から米州ツアーを始め、今年最高の活躍を披露したiKONはその余勢に乗り続ける。

また新ボーイズグループのデビュープロジェクト番組「YG宝石箱」が韓国で放送されている中、1月中に最終抜擢されたメンバーたちは、本格的なデビューの準備に取り掛かる。

そして何よりBIGBANGのメンバーたちが除隊し、2019年YG ENTERTAINMENTは大豊作になるものと期待される。

対内的な変化もある。YG ENTERTAINMENTが長期間にわたり企画・設計した新社屋が完工し、分散されていたさまざまな本部と部署の人々が同じ空間で新しい相乗効果を生み出すことになる。


◆JYPエンターテインメント◆
「MIX NINE」出身シン・リュジン所属の新人ガールズグループ、TWICE、GOT7、Stray Kidsらの活動

写真=JYPエンターテインメント
TWICEは2019年日本ドームツアーを確定し、“海外ガールズグループ最短期間ドーム入り”を果たした。

GOT7も今年の年末日本アリーナ公演に続き、来年の活動も精力的に行っていく。2組共に海外で人気が高いだけに、韓国と海外活動を着実に並行し、話題を集めていく予定だ。

また来年の頭、JTBC「MIX NINE」出身のシン・リュジンを主軸に新人ガールズグループを企画する。

Stray Kidsは2018年10月基準で、累計アルバム売上30万枚を達成し、良い滑り出しを告げただけに、今後も国内外の活動を旺盛に続けていく予定だ。

また、韓国コンテンツの輸出、多国籍グループの発足に続き、海外現地グループを企画する3段階世界化戦略が2019年にも続くものとみられる。


◆Big Hitエンターテインメント◆
防弾少年団以来6年ぶりのボーイズグループが来年年明けにデビュー

防弾少年団と歌手イ・ヒョンが所属するBig Hitエンターテインメントは、2019年に6年ぶりとなる新人ボーイズグループを披露する予定だ。来年年明けにデビューを目標にしており、コンセプトと人数など詳細については、確定し次第公開される。

防弾少年団は現在進行中の「LOVE YOURSELF」ツアーを続けていく。イ・ヒョンは新曲発売と番組など精力的な活動を続けていく予定だ。


◆Pledisエンターテインメント◆
NU'EST W、SEVENTEENらがK-POPの強者に

NU'EST W、SEVENTEEN、PRISTINらが所属するPledisエンターテインメントは、2019年もアーティストたちの多様かつ旺盛な活動を惜しまずサポートする予定だ。

特に、韓国内外で人気を集めているNU'EST W、SEVENTEENはグローバルな活動を通じてK-POPの強者になれるようグループ活動と公演を続けていく。

AFTERSCHOOLのレイナとプロデューサー兼歌手BUMZUもアルバムやYouTube活動など多彩な個人活動を続けていく。

Wanna Oneのファン・ミンヒョンの来年の活動計画は、Wanna One活動終了後に議論する予定だ。


◆FNCエンターテインメント◆
CNBLUE ジョン・ヨンファの除隊、新人ガールズグループCherry Bulletデビュー

FNCエンターテインメントの2019年は新人グループのデビューとSF9の成長で、さらに豪華なラインナップを築く。

SF9は日本と中南米で認知度が急上昇しているだけに、来年にも精力的な韓国内外での活動で音楽界に存在感を見せつける予定だ。

またAOA以来約6年ぶりの新人ガールズグループCherry Bulletが来年の年明けにデビュー予定で、AOAのニューアルバム活動とFTISLANDの入隊前の旺盛な活動も予定されている。

そしてCNBLUEのジョン・ヨンファが来年11月に除隊してアーティストラインナップを豪華にし、俳優チョン・ヘイン、タレントのユ・ジェソクらFNCエンターテインメントの主要スターたちも再契約を通じて、より一層安定してアグレッシブな活動を繰り広げる予定だ。


◆STARSHIPエンターテインメント◆
MONSTA Xのワールドツアー、宇宙少女のグループ&ソロ活動

STARSHIPエンターテインメントは来年も所属アーティストたちの活動を積極的にサポートする。

今年グローバルな活躍が際立ったMONSTA Xは、来年も新しいアルバム活動と共にワールドツアーを並行して世界を股にかけて活躍する予定だ。

宇宙少女は今年「SAVE ME SAVE YOU」で音楽番組でデビュー後初の1位を獲得し、来年もより一層成長したアルバムで人気を続けていく予定であり、演技、バラエティ、OST(劇中歌)など各分野でソロ活動も続けていく。

BOYFRIENDも韓国内外での活動を披露する予定だ。歌手K.willとチョン・セウン、元SISTARのソユらは音楽活動をはじめ、番組などで幅広い活動を披露する。

MIND U、ユ・スンウ、ジュヨンら圧倒的な音楽カラーを持つアーティストたちのアルバム発売も続く予定だ。


◆CUBEエンターテインメント◆
Wanna One ライ・グァンリンのCUBE復帰、BTOBの活動、所属アイドルたちの海外進出

タレントのイ・フィジェ、ホ・ギョンファンは着実にバラエティ番組で活躍していく。

BTOBはミンヒョクとチャンソプの入隊後、残りのメンバーたちのバラエティや演技でのソロ活動が続く予定だ。

先月Universal Music Japanと共に設立した合作レーベルU CUBEを通じて、CLC、PENTAGON、(G)I-DLEが海外市場に進出することも発表された。

Wanna Oneの活動を終えてCUBEエンターテインメントに復帰するライ・グァンリンや本格的に俳優活動を始める「プロデュース101」出身ユ・ソンホの活動にも期待したい。


◆MYSTICエンターテインメント◆
Brown Eyed Girls ガインのカムバックと新人デビュー

MYSTICエンターテインメントの“信頼できる音楽”は来年も続く。PRなしに音楽で勝負する音楽プラットフォーム「LISTEN」を通じて着実にアルバムを発売し、365日行われる「LISTEN STAGE」も続いていく。

歌手エディ・キムの着実な活動が続く中、MYSTICエンターテインメントのバラードの中心パク・ジェジョンがバラードアルバムを準備する。

2018年期待株だった歌手ミンソの活動も続き、Brown Eyed Girlsのガインもカムバックを準備する。

新人のデビューも続く予定であり、代表プロデューサーであるユン・ジョンシンは、「月刊ユン・ジョンシン」を始めとするクリエイターとしての活動を続けていく。

SM、YG、JYP、Big Hit…大手K-POP事務所10社の今年の成績は?1年を振り返る

記者 : チョン・ジウォン