スピードワゴン 小沢一敬、イ・ビョンホン&パク・ジョンミン主演「それだけが、僕の世界」トークイベントに登場

KSTYLE |

韓国を代表する人気俳優イ・ビョンホンと、注目度No.1の新星パク・ジョンミンが、兄弟の絆を描き出した感動作「それだけが、僕の世界」がいよいよ12月28日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開する。

これを記念して、12月5日(水)に東京・なかのZERO小ホールでトークイベントが開かれ、お笑いコンビ・スピードワゴンの小沢一敬が参加した。

ロマンチックな感性を持ち、感動屋でもあることから“SEKAI NO OZAWA”との異名を持つ小沢は、本作に大感動。「この映画を観ると家族に会いたくなります。僕にも弟がいてずっと会っていないけれど、子供の頃から遊んできた仲なので、自分にもこんな兄弟関係があったよなぁと懐かしく思いました」と冒頭から遠い目。劇中、兄弟が警察に連行され、ボタンの掛け違いから母親にイ・ビョンホン演じる兄が責められるシーンは「母親からの叱責を我慢する姿…あの日の自分を見ているようでした」とOZAWAゾーンに突入していた。

そんな小沢は涙もろいことで知られるが、それを問われると「僕は泣いたことはないんです」と意外なことにきっぱりと否定。すかさず「涙が出ているのではなく、世の中に汚いことが多いので、少しでも綺麗に見えるように目を洗っているだけです。この映画で目も心も洗われました」とあま~いOZAWA語録で会場を盛り上げた。さらに「映画は一人で観る派だけれど、この映画は母親と観たいと思えました」と孝行息子ぶりを覗かせ「でも親孝行をしたいと思ってしたら、それはもう親孝行じゃないです。それは自分を喜ばすだけの行為だから」と再びのOZAWA語録で「今の小沢が言いました! こういうことを言って僕は家賃を払っています」と饒舌だった。

クリスマスの予定について聞かれると「仕事が忙しくて、イヴも漫才ライブです。翌日も生放送の仕事があって23時半終わりで、イヴもクリスマスもないです。それだけが僕の世界」とタイトルに絡めて「クリスマスのような特別な日に特別なことをするのではなく、何もない日を特別な日にするのが大切です。僕は毎日をクリスマスみたいな楽しい日にしたいと思って生きています」とOZAWA語録ラッシュ。ただ本作がクリスマス後の公開と知るや「クリスマスは『ボヘミアン・ラプソディ』を観ようかな」とボケていた。

また今年1年を「歩」という漢字で表した小沢は「人間ドッグに行ったら、日ごろからあまりに歩いていなくて体力が70代後半と言われました」と告白し「多い日で2000歩しか歩いていなかったので、今では歩くようにしています。今は『歩(ふ)』だけれど、歩み続けることでたどり着けるならば『金』になりたいです」と、またまたのOZAWA語録で「これどういうシステム!?」と短時間での語録セールに苦笑いだった。

最後に小沢は「この作品は僕が言った感想の10倍くらい面白いです。女性でも自分のことのように受け取れるはずです。観終わると家族に電話しようとか、家族と仲良くやろうと思えるような映画に仕上がっています」と監督目線でアピールした。

■公開情報
「それだけが、僕の世界」
12月28日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

出演:イ・ビョンホン「天命の城」、パク・ジョンミン「アントラージュ~スターの華麗なる人生~」、ユン・ヨジョン「ハウスメイド」
監督:チェ・ソンヒョン
配給:ツイン
ⓒ2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

<ストーリー>
かつて東洋チャンピオンにまでのぼり詰めたが、40を過ぎた今は見る影もなく落ちぶれ、その日暮らしをしているボクサーのチョハ(イ・ビョンホン)。少年の頃、母は家を出ていき父は刑務所に入り、孤独の中で自分の拳だけを頼りに生きてきた彼は、ある日数十年ぶりに母と再会。そしてサヴァン症候群を患う弟ジンテ(パク・ジョンミン)の存在を初めて知る。母の家に転がり込んだチョハは、母の不在の間、天才的なピアノの腕を持つジンテが著名なコンテストに出られるように世話をして欲しいという母の願いを聞き、弟の面倒を見始めるのだが……。

■関連サイト
「それだけが、僕の世界」公式サイト:http://sorebokumovie.com/

記者 : Kstyle編集部