EXO ディオ&パク・ヘス主演映画「スイングキッズ」12月19日に公開決定

10asia |

写真=NEW、アンナプルナフィルム
「過速スキャンダル」「サニー 永遠の仲間たち」「タチャ-神の手-」を手がけたカン・ヒョンチョル監督の4作目であり、EXO ディオ、パク・ヘス、オ・ジョンセ、キム・ミンホ、そしてブロードウェイ最高のタップダンサーであり俳優であるジェレッド・グライムス(Jared Grimes)が合流した「スイングキッズ」が、12月19日に公開される.

「スイングキッズ」は1951年の巨済(コジェ)捕虜収容所で、もっぱらダンスに対する情熱で一つになった寄せ集めのダンスチーム“スイングキッズ"の胸躍る誕生期を描いた映画だ。「過速スキャンダル」(824万人)と「サニー 永遠の仲間たち」(736万人)を通じて音楽を活用した感覚的な演出力と愉快な面白さ、暖かいストーリーで観客の共感を引き出したカン監督が4年ぶりに「スイングキッズ」を披露する。

それぞれ異なる理由で、捕虜収容所内のダンスチームに合流した寄せ集めたちの胸踊るストーリーは、劇場街に溢れんばかりの楽しい雰囲気を伝える予定だ。カン監督の独創的な演出力に、EXO ディオ、パク・ヘス、ジェレッド・グライムス、オ・ジョンセ、キム・ミンホなど魅力溢れる俳優の新鮮な相乗効果が期待される。

カン監督は今回の映画を通じてユーモア溢れるキャラクターやドラマチックな展開で、かつてなかった面白さと見どころを提供する。捕虜収容所のトラブルメーカーロ・ギス(ディオ)、4ヶ国語が可能な無許可通訳士ヤン・パンレ(パク・ヘス)、寄せ集めダンスチームのリーダージャクソン(ジェレッド・グライムス)、妻を探すために有名にならなければならないカン・ビョンサム(オ・ジョンセ)、そして意外なダンスの実力を備えた栄養失調ダンサーのシャオパン(キム・ミンホ)まで、高いシンクロ率を誇るキャラクターたちの愛らしい個性とアンサンブルは愉快な笑いを伝える予定だ。

国籍も言語も、すべてが違うが、ダンスに対する情熱一つで徐々に呼吸を合わせていく彼らのストーリー。ここに役者たちの新鮮なエネルギー、聞くだけでも胸が高鳴る名曲と華麗なパフォーマンスが加わり、新しい楽しみを与えてくれる。

魅力満点の寄せ集めダンスチーム“スイングキッズ"の楽しいストーリーには、12月19日から出会うことができる。

記者 : キム・ジウォン、翻訳 : 浅野わかな