「死んでもいい」カン・ジファン“自身のキャラクターとのシンクロ率は0%”

MYDAILY |

「死んでもいい」のカン・ジファンが劇中キャラクターと本人のシンクロ率が0%だと伝えた。

5日の午後、ソウル永登浦(ヨンドゥンポ)区タイムズスクエアアモリスホールにて開催されたKBS 2TV新水木ドラマ「死んでもいい」(脚本:イム・ソラ、演出:イ・ウンジン、チェ・ユンソク)の制作発表会にイ・ウンジンプロデューサーと俳優カン・ジファン、ペク・ジニ、5urprise コンミョン、パク・ソルミ、リュ・ヒョンギョンが出席した。

この日、役と一番シンクロ率が高い俳優としてカン・ジファンが選ばれた。その理由についてイ・ウンジンプロデューサーは「演技が上手くて? ペク・ジンサンというキャラクター自体が、演技しにくいキャラクターだと思ったが、現場ですばらしい演技で私たちに楽しさを与えている」と説明した。

このような話を聞いていたカン・ジファンは、自身が演じた悪徳上司ペク・ジンサンキャラクターについて「僕とぜんぜん似ていない。迷惑をかける役だから、普段の性格も似ていない。演技の部分でも僕が今まで経験したことがないキャラクターを演じている」と冗談混じりに話した。

同名の人気ウェブ漫画を原作にした「死んでもいい」は、傍若無人なペク・ジンサンチーム長(カン・ジファン)と彼を変えようとするイ・ルダ代理(ペク・ジニ)のハプニング満載のオフィス激戦記を描いたドラマだ。韓国で7日の午後10時に初放送される。

記者 : キム・ミリ、写真 : ハン・ヒョクスン