「死んでもいい」カン・ジファン、ペク・ジニを庇って共犯に

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=KBS 2TV「死んでもいい」放送画面キャプチャー
ペク・ジニが自ら内部告発をした。

韓国で20日に放送されたKBS 2TV「死んでもいい」では、イ・ルダ(ペク・ジニ)に「無難に静かに暮らしたいが、不当なことを見ると怒りがこみ上げて、正したくなるのがイ代理の本音じゃないか」と聞くペク・ジンサン(カン・ジファン)の姿が描かれた。

ペク・ジンサンはイ・ルダに内部文書を渡し、イ・ルダはペク・ジンサンの意図が何か悩んだ。そして自分がかつて講堂で同じことをしたのを思い出した。

イ・ルダは会社のロビー2階で内部文書のコピーをばらまいた。

イ・ルダが追われる身になるとペク・ジンサンは「僕がやったこと」だと話し、イ・ルダは「室長、どうしたんですか、私がやりました」と自白した。

記者 : シン・ナラ