Vol.2 ― LABOUM、11月7日ついに日本デビュー「同じ事務所のU-KISS先輩が日本のことを教えてくれます」

KSTYLE |

2014年に韓国でデビューし、洗練されたビジュアル、メンバー全員が160cm以上という抜群のスタイル、ポップで爽やかなパフォーマンスで人気を博しているガールズグループLABOUMが満を持しての日本デビュー。韓国の音楽番組で1位を獲得したヒット曲「Hwi hwi」(読み:フィフィ)のJapanese Ver.を11月7日(水)にリリースする。これからの活発な日本活動が期待されるLABOUMに、1stシングルのリスニングポイントや、メンバーの素顔などについて、たっぷりと語ってもらったインタビュー後編をお届けする。

Vol.1 ― LABOUMがヒット曲「Hwi hwi」で満を持しての日本デビュー!「日本語バージョンは、歌詞も振り付けも変わりました」

【プレゼント】LABOUM直筆サイン入りポラを2名様に!応募はTwitterをフォロー&ツイート


――メンバーの性格がわかるエピソードも教えてください。

ソヨン:初めて練習生として入った時に、ヘインがお父さんかおじいさんだったか忘れましたが、日本人だって嘘をついたんです。ドッキリカメラみたいに。すっかり騙されました。ヘインはそんな風にいたずらっ子なんです。ソルビンにもハーフだって自己紹介されたのですが「たしかにそんな感じ」って思って信じたら、それも嘘でした(笑)。

ソルビン:お父さんが南米の人だって嘘をついたんです。「お父さんはクッキーが作るのがうまくて、サッカーもうまくて、ビビンバにはコチュジャンをたくさんかけて食べるんです」と話したら、長い間ずっと信じていました(笑)。

ソヨン:本当に今と同じように嘘をついたんですよ~。

ソルビン:「今度、お父さんが作ったクッキーを持ってきて差し上げますね」って言ったら「ありがとう」って言っていました(笑)。

ヘイン:ジエンお姉さんは単純な性格です。階段を上がる時にポケットからイヤフォンが飛び出してひきずって歩いていたので、私が黙ってポケットに戻してあげましたが、それにまったく気が付いていないんです(笑)。

ジエン:まったく知りませんでした(笑)。

ヘイン:後から話したら「ほんと? ありがとう~」って。そんな風に単純でおっとりした性格です。

ソルビン:でも最近は細かくなったんですよ。最近Tシャツを貸したのですが、以前だったら私も貸していたことを忘れるくらい返ってこなかったのに、昨日、きれいにたたんで返してくれて「お姉さん、どうしたの?」って思いました(笑)。

ユジョン:反対に細かいのは私です。

ソルビン:家庭的です。料理も上手です。

ユジョン:生活力がある(日本語)おんな!! 料理は時間がある時は作ります。韓国料理が好きなので、ナムルを炒めておかずを作ったり、キムチチゲ、味噌チゲ、おからチゲ、キムチチジミなどを作ります。

ソヨン:私は情に厚いですが、時々メンバーをいじめたくなるスタイルです(笑)。

ユジョン:そう、そう。いじめて面白がるスタイル(笑)。

ジエン:ソヨンは指の動作が女性らしいです。話すときにジェスチャーが多いです。

ソルビン:ツンデレっていうのかな。他人に関心がないように見えて、実はとても関心があって、落ち込んでいるときに「どうしたの?」とか、声をかけてくれたり、話をよく聞いてくれます。メンバーの気分に合わせる役割をしてくれています。

ソヨン:(感動した様子で)わ~!!

ソルビン:ウロラ、ウロラ!!(泣いちゃえ、泣いちゃえ)

ソヨン:ソルビンは末っ子ですが、末っ子らしくない大人っぽい子です。メンバー全員とうまく合わせられます。

ジエン:何に対しても一生懸命なところがいいです。

ソヨン:ヘインはいたずらっ子な面もありますが、ソルビンと同じく大人っぽい面もあります。話をよく聞いて、自分のことみたいに「そうなの~?」と共感してくれます。

ジエン:リアクションがいいです(笑)。

 

メンバーが個人的に好きなファッションは…?

――LABOUMといえばホットパンツのイメージがありますが、こんな衣装を着てみたいというものはありますか?

ヘイン:曲のコンセプトによって違ってくると思いますが、同じホットパンツでも、これまでの明るい曲と、「体温(Between Us)」のように成熟した雰囲気の曲ではまたイメージが違いました。これからも、どんな曲でどんな衣装でもうまく消化できるLABOUMでいたいです。

――では、個人的に好きなファッションは?

ヘイン:Tシャツにジーンズとか、ラフなファッションが好きです。

ソルビン:モダンでシックな感じ。ベージュが好きです。

ユジョン:ジーンズにシャツとか、すっきりしたスタイル。ジーンズが好きなので、ちょくちょく買ってどんどん増えています(笑)。

ヘイン:ユジョンお姉さんはハイシルチョン(下衣失踪=ミニスカートやショートパンツがトップスよりも短く、ボトムスを着ていないように見えるファッション)も好きだよね。

ジエン:楽なスタイルが好きです。トレーニングウエアにニットキャップとか。でも特別なことがある日は、逆に華やかにするほうです。

ソヨン:窮屈なのが嫌いで、ゆったりとしたファッションが好きです。最近ロングスカートが好きですし、ニットやカーディガンも好きです。
 

「同じ事務所のU-KISS先輩が日本のことを教えてくれます」

――ファンクラブ名がラテ(LABOUM+BEAUTEフランス語で美しいという意味)ということで、ラテにかけてカフェでよく頼む飲み物を教えてください。

ヘイン:私はフラペチーノとか、甘ったるい飲み物が好きなので、昨日はフラペチーノを飲みましたが、普段はカフェラテをよく飲みます。

ユジョン:私はいつもラテサラン(カフェラテを愛する)です(笑)。

ソヨン:私もカフェラテだけ飲みます。

ジエン:コーヒーが苦手なので、水です。たまにフレッシュフルーツジュースも飲みます。

ソルビン:アメリカ―ノです。

――同じ事務所の先輩にイム・チャンジョンさん、U-KISSさんがいらっしゃいますが、エピソードを教えてください。

ユジョン:美容室や練習室、会社の食事会の時にお会いしますが、U-KISS先輩は日本活動の先輩なので、日本についてや、日本語をいろいろ教えてくれます。スヒョン先輩はリーダーで、私もリーダーだから、リーダーとしてのアドバイスもしてくださいます。イム・チャンジョン先輩は会社で会うと優しく声をかけてくれます。

ジエン:最近、キソプ先輩は「RDVZ」というブランドを立ち上げたので、私たちにプレゼントをくれました。ありがとうございます~。

ヘイン:フン先輩とは、ドラマのオーディションを何度か一緒に受けたことがあって、演技についての話をしたり、アドバイスもしてくれました。

ジエン:ジュンとは一緒に「The Unit」に出ましたが、つらい時にお互いに励まし合いました。
 

「日本のファンの皆さんと近い距離で会える機会を増やしたい」

――最後に、メンバーそれぞれに質問をいたします。ユジョンさんは2ndミニアルバム「MISS THIS KISS」の収録曲「光になって(Be The Light)」を作詞・作曲しましたが、制作秘話を教えてください。

ユジョン:ファンに感謝の気持ちを伝えたくてファンソングを作ってみようと思いました。まずメロディーが思い浮んで、歌詞はシャワーをしながら思い浮かびました(笑)。「白い雲」という歌詞が出てきますが、シャワーの泡を見て思いついたんです。ラップの部分にこれまでのLABOUMの曲のタイトルを入れたので、ファンが喜んでくださったようです。

――ソヨンさんは今年1月~2月にミュージカル「マジックアドベンチャー」に出演しましたが、初のミュージカルはいかがでしたか?

ソヨン:ドキドキしましたが、気分が良かったです。共演の先輩の方々から、いいアドバイスをいただいて勉強にもなりました。一度メンバーたちが見に来てくれましたが、なんとなく変な気分でした(笑)。最初は緊張しましたが、メンバーたちが「わ~」って応援してくれるのがステージから見えてうれしかったです。

――ジエンさんはチャング(両面太鼓)が特技とのことですが、どういったきっかけで始めたのでしょうか?

ジエン:小学1年生の時の担任の先生が音楽の先生でサムノリをしていらして「やってみる?」と聞かれたので始めたのですが、結局ずっと続けてきました。本当はダンスを習いたかったのですが、お母さんから「一度始めたのだから、続けなさい」と言われて長くやりました。大会にもたくさん出て、楽しかったですし、今考えると、何かひとつ楽器ができるというのはとても良かったと思います。

――ヘインさんはサービスクィーンと言われるほどファンサービスがいいそうですね。ファンと接するときに心がけていることは?

ヘイン:サイン会は待ち時間が長いので、ファンの皆さんが飽きないように、最大限アイコンタクトをとったり、全神経をファンに使うように努力します。話をするときも、親近感を持って友達みたいに接しているので“プロアイドル”という意味で「ヨム(本名の姓)プロ」という愛称もつきました。

――ソルビンさんは1年10ヶ月にわたって「ミュージックバンク」のMCを務めましたが、一番印象的だったことは?

ソルビン:1つを選べないくらい、多くの歌手の先輩や仲間たちのステージが印象に残っていますが、いつも一緒にいて支えてくれたスタッフさんたちとは家族みたいに親しくなりました。すべての瞬間が深く印象に残っています。

――ソルビンさんがMCをしつつ、LABOUMとしてもステージに上がることもありましたね。

ソルビン:新鮮な経験でした。生放送でMCもして、ステージにも上がって、服を着替えたり、マイクをつけたり外したりして慌ただしかったのですが、とても楽しかったし、やりがいがありました。また、こんな機会があっても面白いなと思いました。

――最後に読者にメッセージをお願いします。

ユジョン:日本のファンの皆さん。私たちが日本でデビューすることになりました。とてもうれしいですし、これから日本のファンの皆さんと近い距離でお会いできる機会が増えたらうれしいです。本当に感謝して、愛しています!!

ライター:安部裕子 / 撮影:朝岡英輔

■リリース情報
日本1stシングル「Hwi hwi」(読み:フィフィ)
2018年11月7日(水)発売

○初回限定盤A(CD+DVD)
価格:¥2,778+税
品番:COZA-1483-4

○初回限定盤B(CD+DVD)
価格:¥2,778+税
品番:COZA-1385-6

※初回限定盤特典
三方背ケース仕様、ブックレット、豪華特典応募シリアルアクセスコード(詳細後日発表)、メンバー別ランダムトレーディングカード(全5種内1種ランダム)

○通常盤A(CD)
価格:¥1,204+税
品番:COCA-17532

○通常盤B(CD)
価格:¥1,204+税
品番:COCA-17533

<CD内容>
▼初回限定盤A/通常盤A
1. Hwi hwi Japanese Ver.
2. Sugar Pop
3. Shooting Love Japanese Ver.
4. Hwi hwi Instrumental

▼初回限定盤B/通常盤B
1. Hwi hwi Japanese Ver.
2. Sugar Pop
3. killer killer Tune
4. Hwi hwi Remix

<DVD内容>
ミュージックビデオやオフショットなど収録予定(詳細後日発表)

■公演概要
LABOUM 日本メジャーデビュー後、初の単独ツアー!

<関西公演>
日時:11月22日(木)
場所:大阪・umeda TRAD
【1部】14:00/15:00
【2部】18:00/19:00

<関東公演>
日時:11月24日(土)
場所:神奈川・横浜BAYHALL
【1部】14:00/15:00
【2部】18:00/19:00

■関連サイト
日本コロムビア「LABOUM」サイト:http://columbia.jp/laboum/

記者 : Kstyle編集部