防弾少年団 ジョングク、リハーサル後にかかと負傷…事務所がコメント「ロンドン公演では踊れない」

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
防弾少年団のジョングクがかかとの負傷により、ステージでダンスをすることができなくなった。

本日(10日)所属事務所Big Hitエンターテインメントは、公式SNSを通じて「本日、ロンドンの『LOVE YOURSELF』コンサートに出演予定だった防弾少年団のメンバージョングクが、公演を進めるにおいていくつかの支障があり、これをお知らせします」と明らかにした。

所属事務所によると、ジョングクは公演約2時間前にリハーサルとサウンドチェックを終えて、控え室で軽くウォーミングアップしていた際に、かかとを家具にぶつけ大きく裂ける怪我を負った。

Big Hitエンターテインメントは「緊急医療チームが会場に出動して診療した後、傷口を治療した。医療スタッフは、大けがではないが負傷部位に出血などが発生することがあり、本日の公演でダンスをしてはならないという診断を伝えた」と説明した。

これを受けてジョングクは公演に予定通り参加するが、傷口を保護するためにダンスをせずにステージをこなす予定だ。

防弾少年団は9日と10日(現地時間)、イギリス・ロンドンのO2アリーナを皮切りに、オランダのアムステルダム、ドイツのベルリン、フランスのパリなどで「LOVE YOURSELF」のヨーロッパツアーを続けていく。

防弾少年団、海外メディアから絶賛の嵐…“アメリカで最も成功したK-POPアーティスト”

防弾少年団に文化勲章!韓国政府が異例の決定…アイドルで初


【Big Hitエンターテインメント 公式コメント全文】

こんにちは、Big Hitエンターテインメントです。

本日ロンドンの「LOVE YOURSELF」コンサートに出演予定だった防弾少年団のメンバージョングクが、公演を進めるにおいていくつかの支障があり、これをお知らせします。

ジョングクは約2時間前にリハーサルとサウンドチェックを終えて、会場内の控え室で軽くウォーミングアップをしていた際、かかとを家具にぶつけ、大きく裂ける怪我を負いました。これを受けて緊急医療陣が会場に出動して診療した後、傷口を治療しました。医療スタッフは、大けがではないが負傷部位に出血などが発生することがあり、本日の公演でダンスをしてはならないという診断を伝えました。

これを受けてジョングクは、公演には参加しますが、傷口に問題が発生しないよう、ダンスをせずに椅子に座って公演を行う予定です。防弾少年団の「LOVE YOURSELF」コンサートを待ってくださった多くのファンの方々にご迷惑をおかけした点について、心からお詫び申し上げます。
ありがとうございます。

記者 : パク・ユンジン