ソン・ジュンギ&チャン・ドンゴン&キム・ジウォン、新ドラマ「アスダル年代記」への出演確定…来年上半期にtvNで放送

TVREPORT |

写真=各所属事務所
tvN新ドラマ「アスダル年代記」(仮題)にソン・ジュンギ、チャン・ドンゴン、キム・ジウォンの出演が確定した。

「アスダル年代記」は、上古時代の文明と国家のストーリーを描く、韓国初の古代人類史ファンタジードラマだ。仮想の土地“アス”で展開される神話的英雄の物語を描く。来年上半期にtvNで放送される予定で、STUDIO DRAGONとKPJが共同制作する。また、「善徳女王」「根の深い木~世宗(セジョン)大王の誓い~」「六龍が飛ぶ」を共同執筆した時代劇界の大御所キム・ヨンヒョン、パク・サンヨン脚本家が台本を手がけ、「ミセン-未生-」「シグナル」「私のおじさん」などを通じて、特有の繊細な演出を披露したキム・ウォンソク監督がメガホンを取ることで期待を高めている。

まず、チャン・ドンゴンは劇中でタゴン役を務める。タゴンは、古代都市アスダルの戦争英雄であり、大戦争を勝利に導いてアスダルが都市国家に繁盛する基盤を整える。強力で老獪な政敵を順番に除去し、権力の頂点に立つようになる。まだ王が登場していなかった人類史の時期に、“アス”初の王になることを夢見る人物でもある。

ソン・ジュンギは、アスダルで災いの星と呼ばれる、青い客星の気運を持って生まれたウンソム役を演じる。呪われた子供を守るために孤軍奮闘した母アサホンのおかげでウンソムは助かり、険しい苦難に耐えて生き残って成長する。そして将来、アスダルに災いのような存在になって再登場する。

最後にキム・ジウォンは、劇中でタンヤ役を演じる。タンヤはウンソムと同じ星の運命を持って生まれた、ワハン族の母系の後継者だ。タンヤは過酷な試練の中で、数百年に渡って計画された自身の使命に気づき、将来アスダルで最も尊い存在となって、政治家としての野望を露わにする。

韓国初の古代人類史ファンタジードラマ「アスダル年代記」は、来年上半期にtvNで放送される予定だ。

チャン・ドンゴン&ソン・ジュンギら、新ドラマ「アスダル年代記」に出演検討中…豪華共演となるか注目

キム・ウォンソク監督、ドラマ「アスダル年代記」の演出を担当…ソン・ジュンギと再会なるか

記者 : キム・ガヨン