2018年話題を呼んだ韓国ドラマは?上半期ランキングを発表

TVREPORT |

「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」が今年上半期のドラマ話題性ランキングで1位となった。

最近、話題性調査会社Good Data Corporationによると、2018年上半期(1月1日~6月3日)に一番話題になったドラマは、JTBCドラマ「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」(脚本:キム・ウン、演出:アン・パンソク)だった。週平均話題性が24,710ポイントで、上半期に最も話題になったドラマに選ばれた。

「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」に続き、2位はtvN「私のおじさん」(24,299)、3位はtvN「賢い監房生活」(16,054)、4位はJTBC「ミスティ」(15,069)、5位はKBS 2TV「黄金色の私の人生」(14,341)、6位はJTBC「ミス・ハンムラビ」(14,114)、7位はSBS「油っぽいメロ」(12,505)、8位はSBS「リターン」(12,363)の順で集計された。

5月19日に韓国で放送終了となったJTBC金土ドラマ「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」は、男女の恋愛をリアルに描き、好評を受けた。特にソン・イェジン、チョン・ヘインなどの密度の高い演技とアン・パンソク監督の演出力、そしてOST(劇中歌)などが話題を集めながら8.3%(14回、ニールセン・コリア首都圏有料世代基準)の最高視聴率を記録した。

今回の調査は、話題性調査会社であるGood Data Corporationが、韓国で2018年1月1日から6月3日まで放送されたドラマのオンライン話題性を調査した数値だ。話題性ランキングは、放送日基準で放送週次を計算して、週平均話題性を出した。

「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」ソン・イェジン&チョン・ヘインの“リアルな恋愛”に視聴者釘付け

写真=JTBC、tvN

記者 : パク・グィイム