日本の人気マンガ「絶対彼氏。」韓国ドラマ版主演にGirls' Day ミナ&ホン・ジョンヒョン&ヨ・ジングが決定

OSEN |

写真=OSEN DB
キャスティングに紆余曲折のあった韓国版ドラマ「絶対彼氏。」のキャストが決まった。Girl's Dayのミナ、ホン・ジョンヒョン、ヨ・ジングが主演を務める。

ホン・ジョンヒョンの所属事務所C-JeSエンターテインメントの関係者は30日、OSENの取材に対し「ホン・ジョンヒョンが『絶対彼氏。』への出演を決めた」と明かした。キャラクターに対する具体的な説明はなかったものの、チョン・ジョンミョンが当初候補に上がっていたが最終的に断ったトップスターマ・ワンジュン役を務めるものとみられる。

「絶対彼氏。」はキャスティングで紆余曲折があった作品だ。制作会社はこれに先立ち、ソン・ジヒョがヒロインに確定したと知らせたが、最終的に出演は実現しなかった。

このほど完璧な人間であるトップスターマ・ワンジュン役にチョン・ジョンミョンが、恋愛用フィギュアのヨング役にヨ・ジングがキャスティングされたと知られた。

ヒロインはGirl's Dayのミナが務める。ミナとしては「美女コン・シム」以来2年ぶりの女優復帰だ。愛らしい特殊メイクアップアーティストのダダ役を務め、ヨ・ジング&ホン・ジョンヒョンと共にロマンスを披露する。

「絶対彼氏。」は恋によって受けた傷によって冷たい剛鉄の心臓になってしまった特殊メイクアップアーティストのダダと、赤く燃え上がる熱い心臓を持つ恋人用フィギュアのヨング、トップスターマ・ワンジュンが繰り広げるファンタジーラブコメディだ。

同作品は日本の作家渡瀬悠宇のマンガ「絶対彼氏。」を原作とする。これまで「ラブコメキング」という仮題で知られていたが、原作のタイトルをそのまま維持することとなった。tvN「となりの美男<イケメン>」のチョン・ジョンファ監督とJTBC「魔女宝鑑」のヤン・ヒョクムン脚本家がタッグを組んだ作品だ。

記者 : パク・ソヨン