Highlight ユン・ドゥジュン&キム・ソヒョン主演「ラジオロマンス」視聴率5.5%を記録…月火ドラマ2位で放送開始

10asia |

写真=KBS 2TV「ラジオロマンス」放送画面キャプチャー
KBS 2TV新月火ドラマ「ラジオロマンス」が視聴率5.5%を記録し、月火ドラマ2位で出発した。

本日(30日)、視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、韓国で昨日(29日)ベールを脱いだ「ラジオロマンス」(脚本:チョン・ユリ、演出:ムン・ジュンハ、ファン・スンギ)は全国視聴率5.5%を記録した。これは23日に放送された「ジャグラス」の最終話9.1%より、3.6%下落した数値だ。

同時間帯に放送されたSBS「疑問のイルスン」は7.1%、8.1%を記録し、月火ドラマのトップに躍り出た。それと共にMBC「再会する白い巨塔 リマスター版」は3.2%、4.4%を記録した。

「ラジオロマンス」はトップスターのチ・スホ(Highlight ユン・ドゥジュン)と、ラジオ作家ソン・グリム(キム・ソヒョン)のラブストーリーを描いた。初回では、登場人物の紹介と関係に焦点を合わせて、関心が高まった。

記者 : キム・ハジン、翻訳 : 浅野わかな