LynからMelody Dayまで、韓国ドラマOSTコンサートの日本公演が盛況裏に終了

10asia |

写真=韓国コンテンツ振興院
韓国ドラマOST(劇中歌) コンサート「Drama Original Sounds Korea 2017 with PyeongChang」が先日(27日)、東京・中野サンプラザで開催された中、韓流ファンとコンテンツ業界関係者など2,000人が参加し、盛況を成した。

今回のイベントは、2018平昌(ピョンチャン) 冬季オリンピックをテーマに、江原道(カンウォンド) で撮影されたドラマのOSTを中心にステージが作られた。歌手Lyn、godのキム・テウ、チョン・ジュニル、Melody Dayの4チームが参加し、SBS「青い海の伝説」のOSTに参加した日本の音楽家である吉俣良が特別ゲストで出演した。アーティストはファンと一緒に韓国ドラマの特徴、ドラマを通じて見た平昌などをテーマに語り合った。

会場内の展示スペースでは、平昌冬季オリンピックの成功を祈願する多様な広報活動が繰り広げられた。キム・ヒョンファン駐日韓国大使館韓国文化院長は「今年で7回目を迎える『Drama Original Sounds Korea』は、韓流の発展と韓日文化交流の促進のために毎年開催されている」とし「韓国ドラマとK-POPファンの熱烈な期待に応えられるよう、韓流ファンが楽しめるイベントを開催したい」と述べた。

イ・ギョンウン韓国コンテンツ振興院日本ビジネスセンター長は「今年は平昌冬季オリンピック開催を記念して、江原道を背景にしたドラマをテーマにOSTコンサートを企画した。これから『Drama Original Sounds Korea』が、ドラマの世界観を盛り込んだコンサートでブランド化されることができるよう努めていきたい」と付け加えた。

記者 : ヒョン・ジミン、翻訳:前田康代