「怪しいパートナー」チ・チャンウク&ナム・ジヒョン、2人の怪しい出会いシーンをキャッチ

TVREPORT |

写真=SBS
出会いからして怪しい。「怪しいパートナー」チ・チャンウクとナム・ジヒョンの地下鉄の痴漢捜索現場で出会いを果たした2人のスチールカットが公開された。

公開されたスチールカットで、ナム・ジヒョンは断固な表情でチ・チャンウクを見つめており、チ・チャンウクは困惑した表情が隠せない中、2人のケミ(ケミストリー、相手との相性) が爆発しており、目をひく。

韓国で5月10日から放送スタートするSBS新水木ドラマ「怪しいパートナー」側は本日(27日)、“脳セク”検事ノ・ジウク(チ・チャンウク) と人生逆転司法研修院生のウン・ボンヒ(ナム・ジヒョン) の出会いのシーンのスチールカットを公開した。

公開された写真の中で、ジウクとボンヒは180度異なる表情でお互いを見つめており、目をひく。複雑な地下鉄の中、正体不明の変態男に気付いたボンヒが、燃えるような正義感から犯人を見つけ出す過程で、隣にいたジウクと鉢合わせる瞬間がキャッチされた。自分の人生を複雑にした痴漢事件後、自称“変態鑑別士”になったボンヒは、腕を組んだまま絶対に許さないという断固な表情でジウクを鋭い目つきでにらんでいる。

これを受け、ジウクは驚いた目をしてきょとんとした姿で、悔しそうな表情で可愛らしい魅力を発散し笑いを誘う中、本当の犯人が誰なのかに注目が集まる。

これはジウクとボンヒの縁が始まる出会いのシーンであり、彼らの不躾で怪しいロマンスの始まりを知らせるシーンだ。緊張と困惑を隠せない絶対絶命の罠に落ちたジウクとボンヒ、果たして2人の運命はどうなるのか、“変態鑑別士”ことボンヒを怒らせた本当の犯人は誰なのかも関心を集める。また、地下鉄ではなく、まったく違うところで再び顔を合わせたジウクとボンヒの姿もキャッチされ、2人の運命的な出会いまで予告しており、期待をさらに高めている。

「怪しいパートナー」側は「自分の人生を変えた“変態事件”以来、正義感が強くなったウン・ボンヒが、地下鉄でノ・ジウクと運命的な出会いを果たす」とし、「出会いからして怪しいノ・ジウクとウン・ボンヒが、これから予測できない様々な事件の中で、大きな面白さと愉快な笑いを与え、2人の固い絆が順に公開される予定なので、期待と関心をお願いしたい」と伝えた。

記者 : キム・ジヒョン