いよいよ今週!EXO&NCT DREAMら出演「アジアソングフェスティバル」CSテレ朝チャンネル1で12/4(日)日本独占初放送…見所満載のステージに期待!

KSTYLE |

©kmcia

久しぶりに全員が揃った“アジアの星”EXOの圧巻のステージや
アジア中から集まった豪華アーティストによる音楽の祭典!

「SUPER JUNIORとして過去にここに立った感動は今も心に残っています。皆さんと一緒に音楽を全身で感じた最高に幸せな時間だったからです。会場はもちろんアジアのファンが注目する中、華麗な歌の祭典が始まります。」

3年連続でこのアジアソングフェスティバのMCを務めるイトゥク(SUPER JUNIOR) の挨拶で華々しく幕が開いた2016年アジアの音楽の祭典。

©kmcia
Basickの軽快で小気味いいラップに合わせてMAMAMOOが登場し共演をはたすと、続くシンガポールの新星Gentle Bonesと中国から来たこちらも期待の新人歌手Sean Liの実力派ボーカルが甘い歌声で会場を魅了した。

平均年齢15.6歳(開催当時) のユニットNCT Dreamがセグウェイに乗って登場すると、なんとそのままパフォーマンス。若さ溢れるステージで元気を振り撒けば、甘い歌声とパワフルなダンスで女性を魅了するベトナム最高の歌手Noo Phuoc Thinhを挟んで、人気急上昇中のNCTの誇る多国籍ユニットNCT 127が登場。「アジアは1つ。国境を越えた友情と音楽によってアジアの平和を願う」この祭典を象徴するようなユニットNCT 127は中国語、英語、日本語で挨拶するなどNCT 127ならではの強みを披露し、Simon Dominicにバトンタッチ。

「すごくドキドキしている。釜山でこんな大勢の前で歌うのは初めてだから」と言うSimon Dominicだったが、堂々のパフォーマンスでヒットナンバーを連発した。

©kmcia
ここでイトゥクと共にMCを務めるフェイ(miss A) が「キラキラ輝くスターの皆さんと一緒に、この場に立てた事を光栄に思います。私は韓国に来て6年が経ちましたが、見知らぬ土地でつらい事もあったけど、ファンの皆さんのおかげで頑張ってこられました。今から紹介する方は、皆さんの愛を誰よりも感じているはずです。全世界の女性を魅了する超人気グループのメンバーがこの会場でソロデビューします。一緒に盛り上がって下さい」と呼び込むと、会場の大声援を受けてEXOレイが登場。EXOで魅せるレイとはまた違う、ソロならではのパフォーマンスは大盛況。華やかなソロ初ステージとなった。

その後、今回が初参加となるシンガーソングライターの片平里菜の際にはイトゥクがNCT 127で日本出身のユウタに応援要請。3人で交わされる絶妙な掛け合いで会場が沸く中「韓国の歌で1番好きな曲は」という問いに「好きな曲を歌います」と生演奏でSUPER JUNIORの「SORRY, SORRY」を披露。それに応えるかたちでイトゥクが歌うサプライズが飛び出し、即興共演が実現した。また「無人島で過ごすならどちらを選びますか(イトゥクORユウタ)」という質問に困惑する場面もあったが、透明感のある歌声で彼女の世界感を印象付けた。

©kmcia
そしていよいよクライマックスへ。だがその前に「来年はSUPER JUNIORの5人が除隊します。2017年の秋にカムバック?」とフェイが振ると、イトゥクは「来年、このステージで皆さんに会えるかもしれません」と含みを持たせて最後のステージを紹介した。

“アジアの星”EXOが登場すると、会場の釜山アシアードメイン競技場は、この日1番の盛り上がりを見せる。足の怪我で活動を休止していたカイの復帰後初ステージで、久しぶりに全員が揃ったEXO圧巻のステージは、まさにこのフェスティバルのハイライトとなった。

©kmcia
見事にトリを務めたEXOのパフォーマンスの余韻が残る中、最後はイトゥクの呼びかけで出演者全員がステージ上へがり、感動のフェスは幕を降ろしたのだった。

■放送概要
「2016 アジアソングフェスティバル」
放送日時:12月4日(日) 午後5時

放送局:CSテレ朝チャンネル1

MC:イトゥク(SUPER JUNIOR)、フェイ(miss A)
出演アーティスト:
Basick、MAMAMOO、Gentle Bones、Sean Li、NCT Dream、Noo Phuoc Thinh、
NCT 127、Simon Dominic、レイ(EXO)、片平里菜、EXO

「2016 アジアソングフェスティバル」番組サイト

▼テレ朝チャンネル1 ドラマ・バラエティ・アニメ
※スカパー!(ch.298)、プレミアムサービス(ch.611)、プレミアムサービス光(ch.611)、ひかりTV(Ch.556)、J:COM(Ch.755) またはケーブルテレビでご覧いただけます。

記者 : Kstyle編集部