【REPORT】JYJ ユチョンのすべてに迫る…ユチョンが泣いてファンも泣いた入隊前最後のファンミーティング Vol.1

KSTYLE |


(c)2015 C-JeS Entertainment Co.,Ltd. All Rights Reserved
8月27日に入隊が決まったパク・ユチョンが、入隊前最後のファンミーティングツアーを大阪、名古屋に続いて東京でも開催した。2015年7月22日(水)、23日(木) に行われた横浜アリーナ公演のうち、最終日の23日の模様をリポート(前半) する。ユチョンが泣いてファンも泣いた、特別なステージとなった。

6月に「匂いを見る少女」の日本放送記念ファンミーティングが行われたのと同じ会場は、立ち見席も出る超満員。続々と集ってくるファンは、思い思いのひまわりの花を携えている。この日が日本でユチョンに会える最後の日とあって、独特の雰囲気、高揚感が漂う場内。同時に「明日からどうやって生きたらいいの」「いまから泣きそう」といった声も聞こえてきて、開演前から特別な日なのだということがひしひしとが伝わってくる。

開演時間の19時を少し過ぎ、黒とグレーのチェックのスーツに身を包んだユチョンが「彼女と春を歩く」を歌いながら登場。前髪を自然に下ろして可愛らしい。MCの古家正亨さんが「これはこれはユチョンさま。リゾートYUへの滞在も今日が最後になりますね」と出迎える。ここは南国、海辺のリゾート、ユチョンはそこのVIPな顧客、客席は砂浜という設定なのだ。「今日も水着美女、ビキニ美女がいっぱいですね!」と言うMCに「別にビキニじゃなくても全然いいです。なんか今日、テンション高いですね」と笑いかけるユチョン。今日は最後だから特製ドリンクを、といわれて出てきたジョッキに「え、ビール? マジ、ビール?」と喜んで口をつけると、なんとそれはリンゴジュースの上にメレンゲを乗せた偽ビールだった。泡ヒゲをつけた顔で「何これ? ホントに何? 本当にビールだと思ったんですよ!」いきなり可愛いリアクションが見られて場内大満足。これで緊張が解けたかと思いきや、最後だからやっぱり緊張すると言うユチョンだった。


ユチョンの演技を振り返るドラマヒストリー

イベントは「あの感動をもう一度ドラマヒストリー」からスタート。ファンへのアンケートで寄せられた名シーンをユチョンと一緒にチェックする。「ミス・リプリー」からは英語でスピーチするシーンが登場。「もーいいんじゃないですか? 鳥肌が~。長いね」と照れまくるユチョン。「セリフは台本にはなくて、もらった韓国語を自分なりの英語でしゃべった」というユチョンに「カッコいい」の声があがる。次は「屋根部屋のプリンス」の焼酎を飲んで生クリームを口のなかにブシューとするシーン。「このワンシーンに6時間くらいかかり、甘すぎて頭が痛くなった。寒いし裸足だし本当に苦労したんです」とユチョン。しかもこれは中盤に撮ったバージョンで、あとのテイクは結局意味がなかった、と言って、MCとともに「アイゴー」(韓国語の感嘆詞) と肩を落とす。最後は映画「海にかかる霧」から、カップラーメンを食べるシーン。ユチョンのラーメン好きは有名だが、そこから話は発展し、昨日はチキンソテーを食べたかったが、人がいっぱいだったのでやめてハンバーグステーキを食べに行った。男9人で行ったので気持ち悪かったという話題に。「かわいい~」と声があがると「えっ? ハンバーグステーキ好きなのが可愛いの? 理解できねぇー」と笑い転げるユチョン。そして「次に映画をやるなら?」という質問に「エロチックな、18禁の映画でお尻を出したい!」とまさかの笑撃発言。「メロウエロ。いや、エロが先だからエロメロウ。お尻で切ない演技をする映画に挑戦してみたいですね」とここで、ユチョンが大好きだという映画「Love Letter」の岩井俊二監督からの映像メッセージが登場。「ユチョンさん、お元気ですか~。戻ってきたらぜひ一緒に映画をやりましょう」という言葉に大コーフンするユチョン!「大好きな監督さんなんです。本当に一緒にやってみたい。日本の味がいっぱいきいた映画ね。お尻の映画はそのあとにしよう(爆笑)。感動です。ありがとうございました」


のぞいてみたいユチョンのプライベート

次は「のぞいてみたいユチョンのプライベート」と題して、写真をみながらユチョンが自分の私生活を紹介。LPの棚をバックにした写真は、仲良しの社長さんがやってる店でDJをしたときのものだそうで「弟のユファンちゃんと楽しくDJをやりながら、弟がいっぱい泣いたんですね」とさらりと言うユチョン。あとはドラマの撮影中にセリフを覚えている姿や楽屋の様子などが公開された。続いての「あなただけが知っている! ユチョン」コーナーでは「寝る前に歯を磨いたのにまたジュースを飲む」と暴露され、「なんで知ってるの? 見た? 見えるの?」と不思議顔。「歌うときはほぼ左向き」には「それはJYJでの立ち位置の関係でクセになってるんだと思う。それにしてもみなさん、よく知ってますね」と感心するユチョンだった。

ここからは、毎回ファンのアブナイ妄想が炸裂する「ユチョンと○○したい」コーナー。まずは「ドレスコードが水着のファンミーティングをしたい!」という願望が発表されるが、これにはまず客席がドン引き。「みんなで水着で何するんですかね?」とユチョンも苦笑い。「一緒に焼肉を食べたい」という妄想は焼肉談義に発展、肉の中では牛肉が好きだというユチョン。彼女とのデートで焼肉の匂いがつくのは「いいんじゃないですか、それも思い出になるから」とニッコリ。そして「夏の図書館で世界地図を広げるユチョンに『ここにある国を君と一緒に全部回りたい、100年かけて』と言われて抱きしめられたい。小学生に見られて私は慌てるけど、ユチョンはかまわず私をぎゅっと抱く」という細かすぎる妄想には場内大爆笑。ユチョンの感想は「図書館はあんまり行ったことない。ロマンチックですね。でもそのセリフはちょっとキモいかな。ムリ(笑)」とのことだった。

(c)2015 C-JeS Entertainment Co.,Ltd. All Rights Reserved
お次は1問1答コーナー。

Q.最後に送ったメールは?

ユチョン:今回、日本に連れて来た友だちがひとりで渋谷に遊びに行ったので「何してる?」と送った。ハチ公の写真を返してきたので気持ち悪かった。

Q.急にスケジュールが空いたら何がしたい?

ユチョン:時間にもよる。1日あるなら動物園に行きたい。

Q.相談する方? される方?

ユチョン:される方。いろんな経験をしているからだと思う。

Q.騙されやすい?

ユチョン:これはビミョウ。そうは思わないけど騙されたこともありますから。僕もあります、というMCと一緒に「アイゴー」。

Q.Qリラックスできる時間は?

ユチョン:寝る前、シャワー、お風呂。普通に洗ってときどきため息をつきます。ドラマみたいな激しい洗い方はしない。柔らかく、ね。

Q.最近感動したのは?

ユチョン:昨日の公演の最後。急に感動をもらっちゃいました。

Q.地球最後の日は何をする?

ユチョン:家族で食事。

Q.髪型をセットするのにかかる時間は?

ユチョン:ヘアとメイクあわせて30~40分。(お肌がピカピカだから短くですむんですねといわれて) いやいや、男だから!

Q.これから挑戦したいことは?

ユチョン:(満面の笑みで) お尻の演技!


ユチョンが贈る特大のファンサービス

ここで本日のゲスト、お笑い芸人のスギちゃんが登場。スギちゃんのトレードマークのデニムのノースリーブを着て「ワイルドだろう?」のギャグにトライするユチョン。その後はユチョンがたくさんのファンのなかからたったひとりに電話をかける「ドキドキラブコール? もしもしユチョンですけど」に突入。壁ドン、ラブラブストロー、耳つぶ(耳元でつぶやく)、肩ずん(肩に頭を乗せる)、などの7つのお題の中からファンがリクエストしたのはネックレスをそのまま持ち帰れる「ネックレスをかけてあげる」。しかも前からつけてくれるというユチョン。恥ずかしがって「後ろからでいいです」と遠慮するファンに客席から「前~前~」の後押しコールがかかる。真剣な顔でネックレスをつけてあげるユチョンに場内、萌え萌え。次は3人のファンがユチョンと力を合わせて玉入れゲームに挑戦。白いTシャツと黒いパンツに着替えて再登場したユチョンは、左ききのみごとなコントロールを披露。30秒で籠の中にたくさんボールを入れてみせ、ファンには傘、浴衣、サイン入りのキャップがプレゼントされた。

【REPORT】JYJ ユチョンが贈る特大のファンサービス…ユチョンが泣いてファンも泣いた入隊前最後のファンミーティング Vol.2

ライター:望月美寿

『2015 PARK YUCHUN FAN MEETING JAPAN TOUR ALLABOUT YU』
日時:2015年7月23日(木) 開場18:00 / 開演19:00
開催場所:横浜アリーナ

【セットリスト】
01 彼女と春を歩く
02 最愛
03 きみのための空席
04 見つけた
<ENCORE>
01 ひまわりの約束

記者 : Kstyle編集部