SMTOWN東京ドーム2DAYS! チャンミン&後輩たちによる東方神起ステージも…熱狂のステージで魅了(総合)

OSEN |

写真=SMエンターテインメント
ソウル、ロサンゼルス、パリ、ニューヨーク、上海など、世界の主要都市で開催された「SMTOWN LIVE」が日本の東京ドームでも大成功を収め、SMエンターテインメントの絶対的なパワーを証明した。

7月5日、6日の午後5時から東京ドームで開催された「SMTOWN LIVE WORLD TOUR IV in JAPAN Special Edition」ではカンタ、BoA、TRAX、東方神起 チャンミン、SUPER JUNIOR、少女時代、SHINee、f(x)、EXO、Red Velvet、SUPER JUNIOR-M チョウミ&ヘンリー、J-Min、SM ROOKIESが4時間にわたって計55曲のステージを披露し、華やかで完成度の高いパフォーマンスで10万人を魅了した。

今回の東京ドーム公演に続き、7月25日と26日には初めて大阪で「SMTOWN LIVE」が開催されるだけに、日本でも関心が高まっていた。モバイルサイトでのチケット応募者数はなんと100万人を突破する快挙を成し遂げ、日本の公演関係者を驚かせただけでなく、SMブランドに対する日本のファンの変わらない関心をもう一度確認させた。

写真=SMエンターテインメント
SMエンターテインメントのアーティストたちは日本でも眩しい活躍を見せているだけに、BoAの「MASAYUME CHASING」や少女時代の「Catch Me If You Can」など、日本で発売した様々な楽曲を披露すると共に、SHINeeの「View」、EXOの「LOVE ME RIGHT」など、各グループの最新曲のステージでも会場を盛り上げた。さらに、カンタとRed Velvetのスルギ、ウェンディが歌った「人形」、東方神起のソウルアンコール公演でも披露したチャンミン&EXO シウミンの「サバ」、チャンミンとSUPER JUNIOR ドンヘ、ウニョクが一緒に披露したSUPER JUNIOR DONGHAE&EUNHYUK(D&E)の「Can You Feel It?」など、異色のコラボステージまで、幻想的な公演で東京の夜を盛り上げた。

加えて、8月5日に日本で発売予定のSUPER JUNIOR-K.R.Y.のニューシングル「JOIN HANDS」のステージの他にも、SUPER JUNIOR イェソンとEXO ベクヒョンのハーモニーが際立つ玉置浩二(安全地帯)&井上陽水のデュエット曲「夏の終わりのハーモニー」、チャンミン、SUPER JUNIOR キュヒョン、SHINee ミンホの楽しい楽曲「いちご」まで、日本の観客のために準備した楽しいステージを余すところなく披露した。

また、チャンミンは21日に入隊するユンホが今回の公演に出演できなかったため、後輩歌手たちと共に東方神起のヒット曲のステージを披露して注目を浴びた。チャンミンは「ユンホ兄さんと一緒にできなくて寂しかったけれど、後輩の皆さんに助けてもらって無事に公演を終えることができた。兄さんと一緒に戻ってきて、またこの舞台に立つ日まで待っていて欲しい」と挨拶を伝え、観客から大きな歓声を浴びた。

「SMTOWN LIVE」は7月25日、26日に京セラドーム大阪でツアーを続けていく予定だ。

記者 : チェ・ナヨン