東方神起 チャンミン、涙…「僕が荷物になっているようだ」バラエティ番組で告白

OSEN |

アイドルグループ東方神起のチャンミンが「ホドン&チャンミンの芸・体・能~めざせ!ご当地スポーツ王~ 芸体能」のメンバーに、自身がお荷物になっているようだとしながら涙を流した。

チャンミンは韓国で28日の午後に放送されたKBS 2TVのバラエティ番組「ホドン&チャンミンの芸・体・能~めざせ!ご当地スポーツ王~」で「僕の力は役にも立たないし、先輩方が僕の面倒を見てくれる時間に更に練習すべきだったのに、お荷物になっているみたいで」と語った。大邱(テグ)月城(ウォルソン)洞ユナイティッドの選手との試合でチームが負ける、申し訳ない気持ちで涙を流したのだ。

この日「ホドン&チャンミンの芸・体・能~めざせ!ご当地スポーツ王~」チームは7戦4勝の試合で相次いで敗北し、結局優勝することはできなかった。残念な結果に終わり、誰よりも最善を尽くして練習したメンバーにとっては、未練の残る試合だった。

7人は試合の後、試合が行われた場所を離れずに、本音を語り始めた。イ・ビョンジンは一番最後にチームの運命を背負い、試合に臨んだチョ・ダルファンに対し「その気持ちが分かるから。何を見て、何を考えているのか分かるから。先輩として」としながら、涙を流し始めた。イ・ビョンジンを皮切りに、イム・ヒョンジュン、アレックス、チャンミン、イ・スグンが気持ちを語りながら涙を流した。

特に自身が「お荷物になったようだ」と申し訳ない気持ちを表す末っ子チャンミンの言葉に、メンバーたちは彼を慰めた。誰よりもチームの勝利のために頑張り、勝利を望んだチャンミンの気持ちを知っていたからだ。

この日、お笑い芸人のカン・ホドン、イ・スグン、イ・ビョンジン、俳優のチョ・ダルファン、アン・ヒョンジュン、歌手のアレックス、チャンミンが属した「ホドン&チャンミンの芸・体・能~めざせ!ご当地スポーツ王~」チームは、テグ月城洞ユナイティッドの選手と7戦4勝制で緊張感溢れるボーリング試合を行った。

記者 : チョン・ユジン