TOMORROW X TOGETHER、文化体育観光部長官表彰を受賞“韓国の大衆文化芸術の発展にさらに貢献する”

Newsen |

写真=2022韓国大衆文化芸術賞の公式SNS
TOMORROW X TOGETHERが文化体育観光部長官表彰を受賞した。

24日、ソウル中(チュン)区の国立ヘオルム劇場で開かれた「2022韓国大衆文化芸術賞」で、彼らは文化体育観光部長官表彰を受賞した。

TOMORROW X TOGETHERに代わって受賞したBIGHIT MUSICのシン・ヨンジェ代表は「この賞は、TOMORROW X TOGETHERがK-POPを代表するアーティストとしてさらに一生懸命に活動できる応援と支持になると思う」とし「BIGHIT MUSICも彼らがより良い活動ができるよう最善を尽くしてサポートし、より良いコンテンツを作ることに努める」と感想を伝えた。

TOMORROW X TOGETHERはBIGHIT MUSICを通じて「僕たちの大衆文化とTOMORROW X TOGETHERのコンテンツを愛してくださるすべての方々と、MOA(TOMORROW X TOGETHERのファン)に感謝します。これからもっと頑張れという意味の表彰だと思い、韓国の大衆文化芸術の発展にさらに貢献するTOMORROW X TOGETHERになります。ありがとうございます」と伝えた。

彼らは5月に発売した4thミニアルバム「minisode 2:Thursday's Child」が、米ビルボードのメインアルバムチャート「ビルボード200」に14週連続ランクインし、グループとして自己最長記録を更新。7月に米Luminate(旧Nielsen Music)が公開した「2022年半期報告書」によると、同アルバムは今年上半期、アメリカのアルバム売上(単一アルバム、CD基準)4位という好成績を収めた。

最近、TOMORROW X TOGETHERはヨーロッパ最大の音楽授賞式「2022 MTV EMA(Europe Music Awards)」で「Best Asia Act」部門を受賞。また、アメリカの3大音楽授賞式の1つである「アメリカン・ミュージック・アワード(American Music Awards、AMAs)」でK-POPアーティストとして唯一レッドカーペットイベントに出席し、海外のメディアから注目されるなど、全世界を舞台に活動を繰り広げ、“第4世代のリーダー”として底力を見せつけた。

記者 : ファン・ヘジン