「COME BACK HOME」ソン・セビョク“昔の自分を見ているようなキャラクターだった”

OSEN |

写真=JNC MEDIA GROUP
映画「COME BACK HOME」を通じて笑いを届けたソン・セビョクが、共演したイ・ボムス、ラ・ミランに対する感謝のコメントと共に、映画を撮影しながら感じた気持ちを率直に打ち明けた。

ソン・セビョクは最近、ソウル市鐘路(チョンノ)区のカフェで映画「COME BACK HOME」に関するインタビューを行った。

「COME BACK HOME」は、すべてを失って15年ぶりに故郷に帰ってきた無名のお笑い芸人ギセ(ソン・セビョク)が、巨大な組織のボスになることから繰り広げられる物語だ。「亀、走る」「僕らの青春白書」を手掛けたイ・ヨヌ監督が演出を務めた。

ソン・セビョクは「コメディ映画はやっぱり難しいんだとすごく感じました。撮影する時も難しかったです。観客にどのように思っていただけるか気になります」と期待を示した。

彼はギセ役を自分に似ていると説明した。ソン・セビョクは「ギセが自分と似ていると思いました。私も地方から来て、大学路(テハンノ)で公演をしたかったんです。映画の中のギセも、地方からお笑い芸人を目指してソウルに来て、大学路でポスターも貼るけれど、そのような姿が昔の自分を見るような気がしました。そういう部分で親近感が持てたんです。それからイ・ヨヌ監督も好きでした。いろいろな部分で作品に感謝しています」と明かした。

ソン・セビョクは、全羅道(チョンラド)群山(クンサン)出身であり、田舎出身のギセと似ている。「COME BACK HOME」では真剣だけど笑える彼の魅力が余すことなく表現されている。ソン・セビョクは「場面に集中しようと努力しました。コメディジャンルで笑いを取るためにトリックを使ったり、無理して何かをしようとしたら面白くなくなります。コメディも他のジャンルも、その状況に集中しようと努力をします。コメディだから何かをしようとするのは、かえって危険だと思います。状況そのものは暗くて大変なのですが、後から見れば状況そのものがおかしくて笑ってしまう時があります。そんな感じですね」とし、自分だけのコメディのノウハウを打ち明けた。

「COME BACK HOME」はイ・ボムスとラ・ミラン、そしてソン・セビョクの共演だけでも話題を集めた。ソン・セビョクは「ラ・ミランさんは撮影前に済州島(チェジュド)に遊びに来ました。両家の顔合わせをするような気分でした。会話もたくさんして、撮影に入った時にすごく楽になったんです。ラ・ミランさんは人を楽にさせる魔力を持っています。イ・ボムスさんは、台本読み合わせの前まで気になっていました。話しかけずらいのではないかという不安があったんです。これまで強い役もたくさんされていて、そういうイメージがありました。でも台本読み合わせが終わって、それが全部無くなりました。すごく愉快で楽な気持ちにさせてくれて、撮影現場でも同じでした」と打ち明けた。

ソン・セビョクは、映画で主に滑稽な役や殺伐とした悪役を引き受けてきた。彼は「極端な役を主にしてきたと思います。とある監督が『ソン・セビョクさんのようにコミカルな演技をした人が悪役をしたら面白そうだ』と言いました。ここ数年、そのように言ってくれた人が何人かいたんです。時間が経って、自分はどうして中間がないんだろうと思いました。『マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~』というドラマは、中間的なところがあるキャラクターだと思います。今でも感謝しています。重要なのは、ストーリーを面白くすることができるかどうかです。悪役をする時は、大変だったけれど役者としては面白かったです。当時は悪夢もたくさん見ましたし、ご飯も食べられず、それなりに苦労して撮影をしました。コメディ映画は本当に課題の連続でした」と述べた。

記者 : パク・パンソク