シン・ハギュン&ハン・ジミン主演の新ドラマ「ヤンダー」スチールカットを公開…再会の瞬間も

Newsen |

写真=TVING
シン・ハギュンとハン・ジミンの美しい再会の瞬間が捉えられた。

TVINGオリジナルシリーズ「ヤンダー(Yonder)」は本日(4日)、ジェヒョン(シン・ハギュン)とイフ(ハン・ジミン)のスチールカットを公開した。

「ヤンダー」は死んだ妻からのメッセージを受け取った男性が、彼女に会える未知の空間“ヤンダー”に招待されることから繰り広げられる物語を描く。

同日公開された写真には、ジェヒョンとイフが共にした時間が収められている。幸せな過去から切ない別れ、そして信じられない再会まで、注目を集める。まず林の道を歩く2人の姿が、穏やかな雰囲気を感じさせる。全身で秋の空気を感じるジェヒョンと、彼を愛おしい笑顔で眺めているイフの幸せな瞬間だ。

しかし、その幸せは永遠に続かない。イフが息を引き取るまで、彼女のそばにいたジェヒョンが、切ない思いにさせる。早く離れることになったジェヒョンとイフの事情が気になる。また、妻の死をまだ実感する前に、再びイフと向かい合ったジェヒョンも捉えられ、好奇心を刺激する。

特に彼らの背後に繰り広げられる風景は、ジェヒョンとイフの幸せだった思い出が残っている林の道と同じ空間だ。果たして2人は、愛する人に出会える最後の空間「ヤンダー」でどのようなストーリーを描くだろうか、期待と好奇心を刺激する。

シン・ハギュンは、妻のイフの死後に空虚な人生を過ごしている「サイエンスM」の記者ジェヒョン役、ハン・ジミンは死後に「ヤンダー」で新しい人生を迎えたジェヒョンの妻イフ役を務めた。死んだ妻の世界に招待されたジェヒョンと、死んだ後の世界を選択したイフが「ヤンダー」で世の中で1番特別な再会を果たす。

「ヤンダー」の制作陣は「シン・ハギュンとハン・ジミンの熱演を見守ってほしい。過去と現在、生と死、そして現実と“ヤンダー”を行き来しながら没入感を高めるだろう」と伝えた。

「ヤンダー」は、韓国で10月14日に公開される。

記者 : パク・アルム