B1A4 ゴンチャン、約3年ぶりの有観客ファンミーティングで涙「忘れられない大切な日」

Newsen |

写真=WMエンターテインメント
B1A4のゴンチャンが、約3年ぶりの有観客ファンミーティングで感激の涙を流した。

今月13日午後3時と7時、ソウルヒンムルギョルアートセンターのホワイトホールで「2022 B1A4 ♥ BANA - HAPPY GONGCHAN DAY」が開催された。

今回のファンミーティングはゴンチャンの誕生日を迎え用意されたもので、メンバーのシヌゥはMCとして出演し、義理を果たした。

S.E.Sの「Running」とアレックスの「Flower Pot」でファンミーティングの幕を開けたゴンチャンは、久しぶりに会うファンに近況を伝え、嬉しく挨拶した。デビューから今までゴンチャンに関するクイズをファンが当てる「ゴンチャンクイズオンザBANA(B1A4のファン)」コーナーでは、長い間共にしてきたファンたちと阿吽の呼吸を披露し、会場を笑いの渦に巻き込んだ。

続けて、ソロ曲の「Colored With Love」で感性を届けた。また制服で登場し、歓呼された彼は直属の後輩であるOH MY GIRLの「A-ing」とONFの「POPPING」を完璧にカバーし、“元祖清涼アイドル”の存在感を余すところなく披露した。

その後、今回はゴンチャンがファンに対するクイズを当てる時間を持ち、ファンの願いを聞いてあげ、さらに近くでコミュニケーションした。座席を抽選し、ポラロイド写真をプレゼントする特別なイベントまで行い、ファンへの愛を表現した。何よりも14日にゴンチャンの誕生日を迎え、サプライズ登場したケーキがさらに雰囲気を盛り上げた。B1A4のメンバーたちが自ら準備したプレゼントはもちろん、ファンが残した誕生日のお祝いメッセージを読みながら感動する様子を見せた。

Wonsteinの「存在だけで」で最後の挨拶を伝えたゴンチャンは、MCとして活躍したシヌゥと共に「What's Happening?」「Baby good night」などB1A4のヒット曲で華やかなアンコールステージを披露した。準備された楽曲の他にもアンコール曲を追加し、より一層雰囲気を盛り上げた彼は、デビュー10周年記念で発売した「TIMES」を熱唱し、最後に涙を見せた。

ゴンチャンは「久しぶりのファンミーティングで僕も一生懸命に準備したし、BANAたちも長い間待ってくれた。本当に感謝する。僕も(ファンの皆さんに)会えず3年を待って大変だったけれど、BANAたちはまたどれほど大変だっただろうかと思った。それで今日がとても大切な日だし、忘れられないと思う。これからもBANAたちともっと幸せな時間を過ごせるよう準備し、もっと努力してこの場にいる」と心のこもった感想を伝えた。

彼は最近、同名の人気ウェブ漫画「非意図的恋愛談」の実写化ドラマの主人公チ・ウォニョン役に抜擢された。同作は、韓国で2022年下半期に放送される予定だ。

記者 : ファン・ヘジン