キム・ムヨル、演技に対する考えを明かす「演じることそのものが僕が世の中を理解する方法」

Newsen |

写真=「GQ Korea」
キム・ムヨルが洗練された男性美を見せた。

キム・ムヨルは最近、男性マガジン「GQ」とグラビア撮影およびインタビューを行った。

彼はスタイリッシュなグラビアを完成させた。シンプルなスタイリングに鍛えられたフィジカルで男性的でセクシーな魅力を発揮した。

昨年、映画「声/姿なき犯罪者」で極悪な“クァクプロ”役を凄まじい演技で表現して話題を集めたキム・ムヨルは最近、Netflixシリーズ「少年審判」を通じて180度異なる姿で帰ってきた。少年犯に対するぬくもりのある視線を持つ判事“チャ・テジュ”役で熱演を披露した彼は、温かい大人の姿を優しいカリスマ性で描いた。それだけでなく、Disney+の「グリッド」を通じてジャンル物まで完璧にこなし、多彩な演技の幅を持つ俳優であることを証明した。

この日、撮影と共に行われたインタビューで、演技に対するキム・ムヨルの態度と考えを伺うことができた。彼は「1年、1年過ぎていくうちに俳優として生きる時間が積み重なって、俳優としての責任感は大きくなるしかなかった」と俳優として作品に取り組む重い責任感に言及した。また「作品の中でキャラクターとして生きる時間、そのすべてを通じて毎回学んでいく。演技をすることそのものが、僕が世の中を理解する方法だ」と演技が人間キム・ムヨルに及ぼす影響について説明した。

続いて「作品でキャラクターを演じる俳優という機能的役割、それ以上に観客に近づきたいと思わない。僕の作品がただ観客のものとして再誕生し、たくさんの解釈と物語が作られること。その限りない可能性こそが僕が作品を通じて観客の皆さんに会う理由だと思う」と自分だけの成熟した演技観について明かした。

スクリーンを超えてOTT(動画配信サービス)まで魅了し、精力的な活動を行ったキム・ムヨルは、韓国で下半期放送予定のSBS新しいドラマ「トロリー」への出演を確定し、今年1年、休まず活動を続けていく計画だ。

記者 : パク・アルム