イム・スヒャン、新ドラマ「ドクター・ロイヤー」に出演決定…ソ・ジソブと共演

Newsen |

写真=所属事務所
女優のイム・スヒャンが、「ドクター・ロイヤー」でソ・ジソブと共演する。

MBC「ドクター・ロイヤー」は、操作された手術によりすべてを奪われて医療訴訟の専門弁護士になった天才外科医のハン・イハン(ソ・ジソブ)と、その手術により1人しかいなかった家族と恋人を失った医療犯罪専担の検事が出会って、富と権力で生命の順位もつけることができると信じる人間たちを処罰して、悔しい被害者を慰める温かくて痛快なメディカルサスペンス法廷ドラマだ。

イム・スヒャンは、ソウル中央地検の医療犯罪専門部署の検事クム・ソギョン役を務める。クム・ソギョンは、犯罪者の更生は許しと善処ではなく、処罰でできるという確固たる信念を持っている検事。また、無実な被告人のために、弁護士よりも積極的に罪のないことを証明しようとする人間味まで備えた人物だ。これまで完璧なキャラクター表現力を見せてきたイム・スヒャンが、実力と人間性を兼ね備えた魅力的なクム・ソギョンを通じて、どのようなイメージチェンジを見せるのか関心が高まっている。

出演する作品ごとに繊細な感情の演技と老若男女を問わないケミストリー(相手との相性)で、幅広い演技の幅を見せてきた彼女は、「ドクター・ロイヤー」を通じてもう一度吸い込まれるような熱演を披露するものと期待される。

MBC「ドクター・ロイヤー」は2022年に韓国で放送される予定だ。

記者 : パク・スイン