ソン・ヘギョ&チャン・ギヨン出演、新ドラマ「今、別れの途中です」3組のカップルに注目

TVREPORT |

写真=SAMHWA Networks、UAA
「今、別れの途中です」には3組のカップルがいる。

SBS新金土ドラマ 「今、別れの途中です」は、“別れ”と書いて“恋”と読む甘くてしょっぱい、辛くて酸っぱい別れのアクチュアリーだ。今秋、お茶の間を恋愛モードに変えるたった一つのラブストーリーとして、放送前から注目を浴びている。

同作には、長い間友情を保っている女高の同窓生3人がいる。ハ・ヨンウン(ソン・ヘギョ)、ファン・チスク(チェ・ヒソ)、チョン・ミスク(パク・ヒョジュ)だ。それぞれ異なる人生を生きている3人は、恋の模様も異なる。3人の異なるラブストーリーを通じて、視聴者に“愛の意味”を再確認させる。

まず、ハ・ヨンウンはある日、ふと自身の前に現れた男性ユン・ジェグク(チャン・ギヨン)と、断れない恋に落ちる。過去に恋で傷つき、恋に全てをかけないことを誓った彼女だが、ユン・ジェグクの誘いを断ることはできない。お互いに惹かれる気持ちを止めることができず、いつの間にかお互いの人生の癒やしとなった恋。2人の恋は、切なくておぼろげな感性で、視聴者の胸に残るだろう。

続いてファン・チスクはソク・ドフン(キム・ジュホン)と大人の可愛い恋をする。ファン・チスクは全てを持っているように見えるが、実は欠点だらけの女性だ。たくさんの恋愛をしたが、彼女の心を本気で癒やしてくれた男性はいなかった。そんな彼女の前に、恋は苦手だが本気で向き合ってくれる男性、ソク・ドフンが現れる。10代、20代の時より可愛らしく感じられる2人の恋が、視聴者を笑顔にするだろう。

最後に、チョン・ミスクは最も日常的な恋で、だからこそ特に強い絆を見せる。3人の中で唯一結婚をしたチョン・ミスクは、ファッションモデルだった過去を捨て、クァク・スホ(ユン・ナム)の妻として生きている。子供もいる夫婦であるだけに、昔のような情熱やときめきはないが、家族という名で縛られた彼らの恋は、最も現実的な感情として視聴者の共感を得るだろう。

ハ・ヨンウン、ファン・チスク、チョン・ミスクのウォーマンス(女性同士の友情)は「今、別れの途中です」の重要なストーリーラインの一つだ。それほど、3人の恋も重要である。3組のカップルが描く3つ恋が、恋の本質を語るドラマ「今、別れの途中です」を通じて視聴者にどんなメッセージを伝えるのか、期待が高まる。

SBS新金土ドラマ「今、別れの途中です」は、「ミスティ」の脚本家であるジェインと、「浪漫ドクター キム・サブ2」のイ・ギルボク監督がタッグを組み、「ミスティ」と「夫婦の世界」を手がけたクルLineの作家であるカン・ウンギョンが参加した。「One the woman」の後番組として11月12日の午後10時に韓国で放送が開始する。

記者 : イ・ユンヒ