ソン・ヘギョ&チャン・ギヨン出演、新ドラマ「今、別れの途中です」ツーショットを公開…輝くビジュアル

MYDAILY |

写真=SAMHWA NETWORKS
「今、別れの途中です」でソン・ヘギョとチャン・ギヨンの史上最高のロマンスが始まる。

韓国で11月から放送を開始するSBS新金土ドラマ「今、別れの途中です」は、“別れ”と書いて“愛”と読む、甘くてしょっぱくて辛くて酸っぱくて苦い、別れのアクチュアリーだ。「ミスティ」の脚本家のジェインと、「浪漫ドクター キム・サブ2」のイ・ギルボク監督がタッグを組み、「ミスティ」と「夫婦の世界」を手がけた「クルLine」の作家であるカン・ウンギョンが合流して、期待を高めている。

「今、別れの途中です」が2021年下半期の最高の期待作として挙げられる決定的な理由は、ソン・ヘギョ(ハ・ヨンウン役)とチャン・ギリョン(ユン・ジェグク役)の共演だ。繊細な感情の演技を基に、“ソン・ヘギョのロマンス”を一つのジャンルとして確立させたソン・ヘギョ。魅力的な眼差しと声で視聴者を感情移入させるチャン・ギヨン。輝く存在感を披露する2人の俳優が、魅力を最もよく発揮できる“ロマンス”で出会ったからだ。

本日(5日)「今、別れの途中です」のロマンスを完成させるソン・ヘギョとチャン・ギヨンのツーショットが公開された。群衆の中で互いに視線を合わせた2人、雨の中で一つの傘を一緒に使っている2人。ただ見つめ合うだけでもときめきや切なさなど、多様な愛の感情を表現する2人の俳優の姿が人々を感嘆させる。

何よりソン・ヘギョ、チャン・ギヨンの調和が見る人々の胸をときめかせる。2人の瞬間をキャッチした予告イメージでもこれだけきらきらと輝く2人のケミ(ケミストリー、相手との相性)が、ドラマではどんなに魅力的に映されるのか、期待が高まる。多くの視聴者が放送前から“歴代最高のビジュアルカップル”の誕生を期待する理由だ。

眩しいほど美しい2人の俳優が出会った。2人は「今、別れの途中です」を通じて人間が感じる最も美しい感情であり、また最も嵐のような感情である“愛”を描き出す。公開されたツーショットのように輝くソン・ヘギョとチャン・ギヨンのラブストーリー「今、別れの途中です」は、「One the Woman」の後番組として、韓国で11月から放送を開始する。

記者 : イ・スンギル