BTS(防弾少年団)からMAMAMOO ソラまで、韓国スターたちの驚きの収益とは?7組に注目(動画あり)

OSEN |

写真=OSEN DB
「TMI NEWS」で、パン・シヒョクがBTS(防弾少年団)のメンバーに与えた株式の価値が公開され、驚きを与えた。

最近韓国で放送されたMnetバラエティ番組「TMI NEWS」では、収益を多く出したスターが紹介された。

まず、収益を上げたスター7位としてMAMAMOOのソラが紹介された。個人YouTubeチャンネルが登録者100万人の時、最も稼いだ時は1ヶ月に1億ウォン(約960万円)稼いだと明かしたソラ。現在の登録者数は330万人である彼女のチャンネルは、今はさらにその価値が高まっているものと推測されている。

6位はカンタだった。音楽著作権協会に90曲あまりが登録されており、1年間の著作権料だけでも億ウォン(数千万円)台とのこと。また、“株長者”でもあるカンタ。SMエンターテインメントの理事でもある彼は、定期的にストックオプションを付与されており、ストックオプションによる投資利益だけでなんと3億ウォン(約2900万円)にものぼるという。

写真=「TMI NEWS」放送画面キャプチャー
5位は、第1世代アイドルClick-Bのキム・サンヒョクとなった。彼は全盛期の収入は、毎月3~4千万ウォン(3~400万円)だったと明かしたことがある。現在パン屋の社長になった彼は、8つの蒸しパン店舗だけで月間売上が約3千万ウォン(約300万円)であり、年間売上はおよそ3億6千万ウォン(約3400万円)になる。

4位は歌手、俳優、エンターテインメント事業から飲食業まで、万能エンターテイナーであるイム・チャンジョンが紹介された。彼は室内屋台のある加盟店の月間売上が5千万ウォン(約500万円)、1年では6億ウォン(約5700万円)になるという。屋台の他にもさまざまな飲食業を運営しており、Yカンパニーでは室内屋台を32店舗、チョッパル(豚足)屋50店舗の加盟店を所有しているという。

写真=「TMI NEWS」放送画面キャプチャー
次の3位としては、“韓国のスティーブ・ジョブズ”と呼ばれる男性と結婚した女優のキム・ヒエだった。彼女は2006年に清潭洞(チョンダムドン)の大通り周辺の駐車場を約115億ウォン(約11億円)で購入し、月々の駐車料金の収益だけで約3千万ウォン(約300万円)だという。その後、彼女は14年ぶりに駐車場を撤去して敷地の開発を行い、2020年3月に地上5階建てのビルを建てた。入居が始まっていない3階には、まもなくウェディング業者が入居する予定だといい、入居が完了した場合に予想される賃貸の収益は月々およそ1億ウォン(約1千万円)で、1年で12億ウォン(約1億1千万円)の売上を創出できると推測されている。

2位は、“20世紀の軍統領”と呼ばれる歌手兼女優のオム・ジョンファだった。普段から下着に関心が高かった彼女は、下着ブランドから提案を受けて自身のブランドをローンチし、通販の放送初日の売り上げだけで約6億ウォン(約6千万円)を記録したという。そしてブランドのローンチから3ヶ月間の売上高は、100億ウォン(約9億6千万円)にのぼる。

写真=「TMI NEWS」放送画面キャプチャー
そして1位は、世界的な成功を収めたBTSだった。パン・シヒョクは、BTSのために株式を1人あたり約6万8千株ずつ贈与、当時の株式の価値は約92億ウォン(約9億円)に達するという。そして、パン・シヒョクがBTSに株式を贈与した後、9ヶ月で価値が100%上昇し、1人あたりが保有している株式の価値はおよそ197億6千3百万ウォン(約19億円)とされている。



記者 : キム・スヒョン