SEVENTEEN、米ビルボードとの単独インタビューを公開…8thミニアルバム「Your Choice」に言及“努力が結果に現れて…”

MYDAILY |

写真=ビルボードインタビュー映像キャプチャー
SEVENTEENが米ビルボードと単独インタビューを行った。

7日(現地時間)、米有名音楽専門メディアのビルボードは、SEVENTEENの8thミニアルバム「Your Choice」について集中的に報道して、アルバムの紹介とエピソード、自主プロデュースの作業についてなど、様々な話を盛り込んだ単独インタビューを公開した。

まず、ビルボードは「2021 ビルボード・ミュージック・アワード」のノミネーションから、ビルボードのメインチャートへの進入ならびに「トップアルバムセールス」チャート1位など、発売から1週間も経たないうちに、ミリオンセラーを達成したSEVENTEENの目覚ましい成果を強調した。

これにSEVENTEENは「まず私たちの努力が結果として形になったということは、言葉で表現できないほどありがたく、嬉しいです。もっと良い音楽で、より多くのCARAT(SEVENTEENのファン)と繋がっていきたいです」とし「すべて、CARATのおかげだと思います。皆さんの愛に恩返しできるよう、良い音楽とステージを披露するので、楽しみにしていてください」と、率直な感想と共にファンへの感謝の気持ちを伝えた。

また自己隔離期間に披露して話題を集めた、タイトル曲「Ready to love」の音楽番組1位を記念するアンコール映像が誕生した過程と、自己隔離が終わった後、一番最初にやったことに言及して、彼らならではの愉快なエネルギーを届けた。

最後に、SEVENTEENとして成し遂げたい次の目標に「アメリカをはじめ、世界中のCARATに直接お会いできる機会がほしいです」と挙げ、「今回、初めてビルボードのメインチャートにチャートインできたので、次期作も『HOT100』などのメインチャートに入りたいです。また『ビルボード・ミュージック・アワード(BBMA)』以外の有名な授賞式にもノミネートされたいです」と堂々と意気込みを伝えた。

SEVENTEENは、8thミニアルバム「Your Choice」で初動売上136万枚以上を記録、クォドルプルミリオンセラーを達成して、2021年全体アーティストの初動売上で1位を獲得した。また、米ビルボードのメインアルバムチャートである「ビルボード200」に15位で初めてチャートインするなど、様々なグローバル音楽チャートを席巻する底力を見せた。

SEVENTEENは8月6日と8日、オン&オフラインファンミーティング「2021 SVT 5TH FAN MEETING『SEVENTEEN in CARAT LAND』」を開催する。

記者 : カン・ダユン