ハン・イェスル、麻薬・脱税・恋人の元カノに関する疑惑まで…YouTuberの暴露に法的対応を予告

Newsen |

写真=Newsen DB
ハン・イェスルが、各種の疑惑を提起したキム・ヨンホらに法的対応を進める。

彼女は、法律代理人の法務法人(有限)テピョンヤンを通じて、虚偽事実の流布、誹謗中傷に対してコメントした。

カロセロ研究所が提起した様々な疑惑についてハン・イェスルは、「私の現在の彼氏は、私が運営する会社の職員であるのは事実です。私が最も信頼している人であり、私がしている仕事を手伝ってもらいたくて職員になってもらうように提案しました。車は法人名義で購入しましたが、脱税といえる費用処理を行ったことは全くありません。私の車は、費用処理がされていない車です」とし、「セキュリティが保たれなければならない契約書がどのようにして流出したのかは、法廷で必ず確認します」と伝えた。

また、「ルームサロン、麻薬、今や脱税まで、女性として本当に羞恥心を感じ、呪いに近い話が私の名前の後ろに一生付きまとうようになり、罪人のようなレッテルを貼られて生きていかなければならない私の将来に対して、誰も責任を取ってくれないということを、これまでの多くの経験でよく知っている今の私は、安全な沈黙より、私がもっと被害を被るかもしれないし、これに耐える時間がもっと厳しいことを知っています。しかし、我が社でこのようなことが許容される衝撃的な現実を前に、沈黙しないことを選択しました。私はこれ以上クールにやり過ごしません。無謀な道であっても引き続き戦っていきます」と伝えた。

法律代理人も「依頼人に関しての虚偽事実を流布し、侮辱的な表現を発信している“キム・ヨンホ芸能部長”などYouTubeチャンネルはもちろん、これと同一、または類似した内容を含む度を越した誹謗中傷やコメントの作成者に対して、名誉毀損罪及び侮辱罪で告訴状を提出する予定だ」と明らかにした。

先立ってYouTuberのキム・ヨンホは、自身のYouTubeチャンネルを通じてハン・イェスルが過去にルームサロンで働いていたと主張し、彼女がクラブ・バーニングサン事件に関与した女優であるという疑惑、さらに彼女の彼氏がファン・ハナの元恋人であると主張した。

また、ハン・イェスルと彼女の彼氏の脱税容疑などに言及した。彼は「ハン・イェスルが購入したスーパーカーは、本人名義ではなく、自身が設立した法人名義となっており、当該法人は、ハン・イェスルの彼氏が従業員として登録され、給料も受け取っている」と明かした。

・ハン・イェスル、疑惑を否定も…相次ぐ悪質デマの拡散に「強硬対応をとる」

・ハン・イェスル、またも記者出身YouTuberの標的に…デビュー前の目撃情報を暴露「お腹の出た中年男性と…」

【ハン・イェスル 公式コメント全文】

こんにちは。ハン・イェスルです。

事実関係を明かすたびに、口にすることもできない言葉が毎日映像で拡散され、またすぐに刺激的なフレーズで記事化されて、極めてプライベートで虚偽事実が広がることを見て、この状況に最後まで対応したいのが私の正直な気持ちです。

私の現在の彼氏は、私が運営する会社の職員であるのは事実です。私が最も信頼している人であり、私がしている仕事を手伝ってもらいたくて職員になってもらうように提案しました。

車は法人名義で購入しましたが、脱税といえる費用処理を行ったことは全くありません。私の車は、費用処理がされていない車です。それからセキュリティが保たれなければならない契約書がどのようにして流出したのかは、法廷で必ず確認します。

ルームサロン、麻薬、今や脱税まで、女性として本当に羞恥心を感じ、呪いに近い話が私の名前の後ろに一生付きまとうようになり、罪人のようなレッテルを貼られて生きていかなければならない私の将来に対して、誰も責任を取ってくれないということを、これまでの多くの経験でよく知っている今の私は、安全な沈黙より、私がもっと被害を被るかもしれないし、これに耐える時間がもっと厳しいことを知っています。しかし、我が社でこのようなことが許容される衝撃的な現実を前に、沈黙しないことを選択しました。

表舞台に出ない“密告”というものが、事実確認が証明されていない状態で、“真実”と同じ意味で使われて良いのでしょうか? 一人の人生をここまで堂々と踏みにじる資格は、誰から付与されたのでしょうか?

このすべてのことが普通ではなく、多くの被害者たちが苦しんでいるのに、どうしてこのような状況が許されて、また彼らが処罰より支持を集めているのか、現実が嘆かわしいです。

“クール”というものは何かよくわかりませんが、私が毅然としてやり過ごそうとした姿が、犯罪を認めているように見えるのであったら、私はこれ以上クールにやり過ごしません。

私は私を信じて大切に思ってくださるファン、広告主の方々、私と一緒に仕事をするチームメンバーの方々、そして私が愛する人たちのために、無謀な道であっても引き続き戦っていきます。

最後に人間ハン・イェスルとして、私が今経験している苦しい現実が大変すぎて座り込まないように、記者の皆さんや見守っているすべての方々には、法廷で明らかになる結果を信じて待っていただくよう、切にお願い申し上げます。

そして女優ハン・イェスルとして、信じてくださった、ありがたい愛に対して、もっと活発な活動でお返しすることを約束致します。

記者 : パク・スイン