「わかっていても」ソン・ガン&イ・ヨルム、2人の妙な距離感に注目…スチールカットを公開

Newsen |

写真=BEYONDJ、Studio N、JTBC
「わかっていても」でソン・カン、イ・ヨルムの妙な距離感が好奇心を高める。

韓国で6月19日より放送予定のJTBC新土曜ドラマ「わかっていても」(演出:キム・カラム、脚本:チョン・ウォン、制作:BEYONDJ、Studio N、JTBCスタジオ)側は14日、魔性の男パク・ジェオン(ソン・ガン)と彼の元恋人ユン・ソラ(イ・ヨルム)の写真を公開した。行き来する目線に収められた妙な感情が2人の関係に対する好奇心を高める。

同名のNAVERの人気ウェブ漫画を原作にする「わかっていても」は、愛は信じないが恋愛はしたい女性ユ・ナビ(ハン・ソヒ)と、恋愛はめんどくさいが“Some(友達以上恋人未満)”はほしい男性パク・ジェオン(ソン・ガン)のハイパーリアリズムロマンスを描く。あまりにも甘くてセクシーな、悪いとわかっていても夢中になりたい若者たちのリアルな恋愛が共感とドキドキを誘う。

この日公開された写真には、暗くなったキャンパスで会ったパク・ジェオン、ユン・ソラの姿が収められている。誰にでも優しく、それによりみんなが愛する万人の恋人パク・ジェオン。だが彼は見えない線を引いて本音を表さない人物だ。ただ、別れた恋人ユン・ソラは違う。気楽な表情でユン・ソラを見つめるパク・ジェオンの姿が興味深い。腰かけている2人の姿は友達のようでも、恋人のようでもある、遠くて近い距離感で妙な雰囲気を演出する。特に微笑みながらユン・ソラの横顔をじっと見つめているパク・ジェオンの優しい眼差しは、彼らの関係への好奇心を高める。パク・ジェオンと深い過去に絡み合ったユン・ソラの存在がラブラインにどんな変数をもたらすのか、好奇心を高める。

ソン・ガンは優れたビジュアルに溢れる才能を兼ね備えた魔性の男パク・ジェオン役を演じる。誰にでも優しそうだが、実は自身と他人の間に完璧に線を引くタイプ。そんな彼のもとにある日ユ・ナビがやってきて、彼は予想できなかった感情と向き合う。イ・ヨルムはパク・ジェオンの暗い面まで知っている中学校の同級生で、元恋人であるユン・ソラを演じる。別れた後、アメリカに行った彼女が戻ってくることでまた他の物語を繰り広げる。自身ではなく、他の誰かを渇望するパク・ジェオンの変わった目を見たユン・ソラ。初めて目にするパク・ジェオンの見慣れない姿に安堵する一方で、ふと別の感情が生まれる。

「わかっていても」の制作陣は「ユン・ソラにとってパク・ジェオンは初恋の相手であり、恋人だった。長い間築き上げた2人の関係がパク・ジェオン、ユ・ナビのロマンスにどんな変数として働くのか、楽しみにしてほしい」と伝えた。同作は19日の午後11時に韓国で初放送される。

記者 : パク・スイン