チョン・ソミン&キム・ジソク主演、新ドラマ「月刊家」グループポスターを公開

Newsen |

写真=ドラマハウス、JTBCスタジオ
「月刊家」がリビング月刊誌「家」のメンバーたちのグループポスターを公開した。

韓国で6月16日に放送がスタートするJTBC新水木ドラマ「月刊家」は、家を買う(buy)男と、家に住んでいる(live)女性の“マイホームロマンス”を描いたドラマだ。

13日に公開されたポスターには、明るい笑顔で視聴者を歓迎するリビング雑誌社「家」の社員たちの姿が収められている。様々な家の意味を探して雑誌に載せる人々も「家」について全く異なる考えを持っている。「月刊家」ならではの特別な共感ストーリーはここから始まる。

「家」が「厳しい一日を終えて戻れる安らぎの場所」であるエディターのナ・ヨンウォン(チョン・ソミン)と「投資対象にすぎない」と思うユ・ジャソン(キム・ジソク)の他に、「家」にはそれぞれの状況と背景によって様々な考えを持っている人がいる。自由ヨーロー族(一人の時間を楽しむ人々)の写真家シン・ギョム(チョン・ゴンジュ)には「今日泊まるところがまさに家」で、平凡な家長で編集長でもあるチェ・ゴ(キム・ウォンヘ)には30年になるアパートの再建という夢がある。エディターのヨ・イジュ(チェ・ジョンアン)は、時間が経てば固定資産の価値は下がると信じる不動産下落論者で、家賃130万ウォン(約13万円)の高級な家で暮らしている。彼女の同僚エディターのナム・サンスン(アン・チャンファン)は、いつも住宅請約の当選を望んでおり、フォトアシスタントのチャン・チャン(ユン・ジオン)はYouTuberを夢見て屋根部屋で暮らしている。

このように「家」と関連する仕事をしている人々も、様々な価値観によって様々な空間で暮らしていることが分かる。ナ・ヨンウォン、ユ・ジャソン、シン・ギョム、チェ・ゴ、ヨ・イジュ、ナム・サンスン、チャン・チャンら、「月刊家」の人々は誰もが一つくらいは持っている、家についての考えを視聴者と共有し、その違いから来る多様な楽しさを届ける予定だ。

「月刊家」の制作陣は「グループポスターの中で視聴者の皆さんを待っている『月刊家』の人々も視聴者と同じく、家に対するそれぞれの考えと悩みを抱えています。そこで『あなたにとって家とはどんな意味ですか』という質問を投げかけ、一緒に共感できる話を始めようとしています。初回放送まで期待と関心をお願いします」と呼びかけた。韓国で6月16日午後9時に放送がスタートする。

記者 : パク・スイン