「模範タクシー」イ・ジェフン、イ・ソムを助けるも危機に

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=SBS「模範タクシー」放送画面キャプチャー
イ・ジェフンがイ・ソムを助け、ペク・ヒョンジンの別荘に侵入した。

韓国で5月1日に放送されたSBS金土ドラマ「模範タクシー」(脚本:オ・サンホ、演出:パク・ジュヌ)第8話では、気に入らない検事のカン・ハナ(イ・ソム)を処理しようとするU DATA側と彼女を助けようとするキム・ドギ(イ・ジェフン)の対立が描かれた。

同日、キム・ドギが元職員のチョン・ジュヌを乗せてパク・ヤンジン(ペク・ヒョンジン)の別荘に向かう時、カン・ハナ、チェ主任(チャン・ヒョクジン)とパク主任(ペ・ユラム)、U DATA側もついてきた。キム・ドギはチェ主任とパク主任が「さっきから、後ろの車に尾行されているみたい」と言うと「僕たちではない。僕の後ろの車を狙っている」と答え、そのターゲットはカン・ハナであると知らせた。

実際、U DATAの会長であるパク・ヤンジンは気に入らないカン・ハナの処理を部下たちに指示していた。キム・ドギはカン・ハナを助けるために彼らの進路を妨害し、大きな事故ではなく小さな事故で済ませた。キム・ドギは悠々と事件現場を離れた。

その後、チョン・ジュヌは「あなたは、パク・ヤンジン側の人ではないですね?」と質問した。キム・ドギは何も言わなかった。そしてパク・ヤンジンの別荘の前で「この中に入ると危険が待っている。それでも大丈夫か?」と質問した。チョン・ジュヌの安全を心配したのだ。チョン・ジュヌは「大丈夫だ」と答えた。

写真=SBS「模範タクシー」放送画面キャプチャー
この日パク・ヤンジンはチョン・ジュヌを裏切り者と呼び、特別面談室に連れて行った。続いてキム・ドギの頭に酒を注いで、「最近になって物事がよくこじれる。今日だけでも、私がここに来る途中にあることを命令したが、またこじれた。キム・ドギ。お前の考えはどうか」と話した。

パク・ヤンジンは、キム・ドギをテストした。彼はキム・ドギに「お前は弓を放てるか」と尋ねたところ、「私がお前をどこまで信じられるか。お前がここであいつに矢を放てば、確実に信じてやる」と語った。しかしキム・ドギは、結局できなかった。

弓は代わりにチョン理事に引き渡された。キム・ドギは「ここまでする必要があるのか」と話した。そして彼は弓が放たれる瞬間、弓の方向が他の場所に向かうようにし、パク・ヤンジンは「私はお前が100%こうであると分かっていた。私がお前をなぜここに呼んだと思うか」と怒った。その後キム・ドギは誰かに殴られ、意識を失った。ギムドギは別荘の中になすすべもなく監禁された。

記者 : ソ・ユナ