ユン・ヨジョン、米アカデミー賞の授賞式に参加するためアメリカへ出国…映画「ミナリ」で再び受賞なるか?

MYDAILY |

写真=HOOKエンターテインメント
「ミナリ」の女優ユン・ヨジョンが昨日(13日)「第93回アカデミー賞」に参加するため米・ロサンゼルスへ出国した。

所属事務所であるHOOKエンターテインメントは「女優ユン・ヨジョンは、アカデミー賞側から助演女優賞候補として公式招待され、現地で開催される授賞式に参加するため、昨日ロサンゼルスに向かった」と出国のニュースを伝えた。

また「ユン・ヨジョン本人が悩んだ末、アカデミー賞への出席を決定しただけに、新型コロナウイルスによる被害を最小化することができるよう、静かに出国するようになった点、ご了承のほどよろしくお願いする。受賞するたびに一緒に喜んでくださった皆さんに心より感謝する」と挨拶を伝えた。

チョン・イサク監督の「ミナリ」は、アカデミー賞の作品賞、監督賞、主演男優賞、助演女優賞、脚本賞、作曲賞の6部門にノミネートされた。特にユン・ヨジョンは韓国人女優として初めてアカデミー賞の演技賞にノミネートされただけでなく、「全米映画俳優組合賞(Screen Actors Guild Awards、SAG)」と「第74回英国アカデミー賞」で助演女優賞を席巻し、映画界で新しい記録を立てた。

全米映画俳優組合賞と英国アカデミー賞で助演女優賞を受賞したことで、アカデミー賞での助演女優賞受賞の可能性も高くなったと評価されている。

「第93回アカデミー賞」は4月26日の月曜日の午前10時(韓国時間)、米・ロサンゼルスのドルビー・シアターで開催される予定だ。“オスカー賞”とも呼ばれるアカデミー賞は、アメリカ映画芸術科学アカデミーが主観するアメリカ最大の映画賞だ。

希望を探して慣れないアメリカに移民した韓国人家族の特別な旅程を描く、2021年世界が待っていたワンダフルなストーリー「ミナリ」は、韓国全国の劇場で確認できる。

ユン・ヨジョンは「韓国で50年間、俳優として活動している。『ミナリ』がアメリカ映画だけど、韓国語で話し、韓国で演技していたときと同じく演技をしたのでハリウッド映画とは感じなかった。だけど、アメリカ人からこのように歓迎されるなんて驚いた」と述べた。

一方、ユン・ヨジョンはこれに先駆けて有名雑誌「フォーブス(Forbes)」とのインタビューで、アメリカで暮らしている韓国系アメリカ人の2人の息子についても言及した。彼女は「ロサンゼルスに暮らしている息子が、アカデミー賞のためアメリカに行く私のことを心配している。嫌悪犯罪の加害者たちが老人を狙っていると。そして、道で攻撃を受ける可能性あると。予測できないから警護員を雇用することを提案してきた。これは実際に恐ろしいことだ」と伝えた。

記者 : クァク・ミョンドン