放送終了「きらびやかな私の人生」シム・イヨン、これまでの過去を振返る

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=MBC「きらびやかな私の人生」画面キャプチャー
変わった運命で始まった悪縁が、愛に変わった。

8日午後に放送されたMBC毎日ドラマ「きらびやかな私の人生」 最終回ではコ・ボクヒ(シム・イヨン扮)とチャン・シギョン(チェ・ソンジェ扮)が幸せな結末を迎えた。

この日、コ・ボクヒは過去を振り返った。チャン・シギョンと一緒にドラマを見たボクヒは応援のコメントを見て微笑んだ。

イ・ドンユン(チョン・シフン扮)と交際することになったパク・ヒョンヒ(ユハ扮)は「イ・ドンユンはケチだった。屋台の食べ物を食べる時も割勘しようと言ってた。会社に入った時はコ・ボクヒのことが好きだったと言った」と腹を立てた。ボクヒに対し悪質コメントを書こうとしている彼らを捕まえ、「人は簡単に変われないのね」と舌を巻いた。

ボクヒの家族たちが住んでいた家にはキ・チャバン(ウォン・ギジュン扮)とナム・ジエ(ハン・ソヨン扮)が暮らすことになった。YouTuber活動でジエがお金を稼いでいる間に、チャバンは家事をした。牛乳を飲んでいたジエがつわりの症状をみせると、チャバンは「僕が家事をするから、君はお金だけ稼ぎなさい」と妊娠を喜んだ。

家族写真を撮影していたボクヒは、新人作家賞の受賞者に選ばれたという電話をもらった。学歴や経験などを正直にインタビューで明かしたボクヒは帰宅後、体調不良で病院に向かった。その結果、ボクヒの妊娠が明らかになり、息子のウンホを産んだ。

ウンス(チェ・スンフン扮)とウンハ(クォン・ジミン扮)は苗字をチャンに変えた。ウンホの生後100日パーティーには、全ての家族とキ・チャバン夫婦まで出席し、盛大に祝った。

ボクヒはコ・サンア(チン・イェソル扮)の面会に行った。サンアは「ドラマ見たよ。著作権の半分は私がもらわないと」と自身そっくりのキャラクターについて話した。ボクヒは変わったサンアに「上手に過ごしてね。家族として待っているから」と話した。


自身に悪行をしたものの、自身の命も救ってくれたサンアを見てボクヒは「私のための、利己的な容赦がしたい」と思った。監獄に一人残されたサンアは、ユ・ジョンウ(カン・ソクジョン扮)との小さくて幸せな将来を夢見た。

ボクヒはシギョンと海辺を歩きながら変わった運命について話し合いながら「苦労して、ミスだらけの私が好きで、私の人生が好きだ」とし「あなたに会った私の人生が特に好き」と愛情を示した。コ・ボクヒとチャン・シギョンはお互いへの愛情で希望に満ちた将来を描いた。

11日からは後番組としてMBC毎日ドラマ「ご飯になれ」が放送される。

記者 : キム・ウンジョン